国内初、栃木・那須ハイランドパークにアーケード版「Beat Saber」が常設導入

未分類
この記事は約1分で読めます。

那須ハイランドパークが、11月16日(土)よりVR筐体「Beat Saber Arcade(ビートセイバー アーケード)」を導入することを発表しました。

「ビートセイバー アーケード」は、OculusやSteamVR、PlayStation VRに配信されるVRリズムゲーム「Beat Saber(ビートセイバー)」のアーケード版。両手に光る剣を持ち、奥から迫るオブジェクトをリズムに合わせて斬っていき、ハイスコアを狙います。これまでアメリカや韓国などの海外で稼働していましたが、国内で常設されるのは初とのこと。

同筐体が導入される那須ハイランドパークは、今年40周年を迎えた北関東最大級の遊園地です。2019年春には、既存のアトラクション「スカイサイクル」をリノベーションした「VRスカイサイクル」が稼働する予定で、他にもVRライドシアターを導入しています。

ビートセイバー アーケードは「ウーピーズキングダム」の2Fに設置され、利用料金は1回500円です。

ビートセイバー アーケード 概要

オープン日

11月16日(土)9:30~

場所

ウーピーズキングダム2F

利用料金

1回500円 ※ファンタジーパス利用不可

(参考)藤和那須リゾート株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました