「リーグ・オブ・レジェンド」世界大会、決勝戦でARコンサートが実施

未分類
この記事は約2分で読めます。

世界的に人気の高いゲーム「League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)」(以下LoL)の世界大会、League of Legends World Championship 2019の決勝戦開会式で、ARを活用した音楽コンサートが行われました。

大会のオープニングセレモニー

League of Legends World Championship 2019は11月10日、パリのAccorHotels Arenaで開催されました。ARコンサートは同大会のオープニングセレモニーとして実施。「Awaken」「GIANTS」「Phonix」の3曲が披露されました。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

「Awaken」は、音楽アーティストのValerie Broussardさんが2019年前半にリリースした曲です。公開された映像からは、曲の最後に半球型のARエフェクトがBroussardさんに投射される様子が確認できます。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

「GIANTS」は、「LoL」内のチャンピオン(=キャラクター)で構成されるという設定のユニット、「TRUE DAMAGE」のデビューシングルです。YouTubeでは、今回のARコンサートに先駆けてMVが公開されており、2019年11月12日時点で。約730万回の再生回数を記録しています。

ARコンサートでは、TRUE DAMAGEの各キャラクターを担当するアーティストたちがライブを行いました。「GIANTS」のパフォーマンスでは「Awaken」と比較して、さらに多くのARエフェクトが使用されました。

TRUE DAMAGEメンバー表

・アカリ:ソヨン((G)I-DLEメンバー)

・エコー:Thutmose, Duckwrth

・キヤナ:Becky G

・セナ:キキ・パーマー

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

オープニングセレモニーの“締め”を飾ったのは、Cailin RussoさんとChrissy Costanzaさんの「Phonix」です。「GIANTS」と比較すると、より幻想的なARエフェクトが使用されています。

AIが音楽を自動選曲 渋谷でARサービス「Audio Scape」が配信

AIが音楽を自動選曲 渋谷でARサービス「Audio Scape」が配信

MoguraVR

歩き回って音楽を聴く、海外アーティストがARで生み出す"空間音楽"

歩き回って音楽を聴く、海外アーティストがARで生み出す"空間音楽"

MoguraVR

(参考)VG247

タイトルとURLをコピーしました