ジョイサウンド、スマホ向けにカラオケ機能のSDKを提供開始

未分類
この記事は約1分で読めます。

ジョイサウンドによるスマートフォンアプリに導入することで、カラオケ機能を搭載できるソフトウェア開発キット(SDK)、「JOYSOUND Smartphone Library」の提供が開始されました。動画共有やVTuber(バーチャルユーチューバー)による“歌ってみた”などのライブ配信にも活用可能です。

本SDKでは、JOYSOUNDの業務用カラオケで培った採点ノウハウをスマホアプリ向けに最適化することで、スマートなアプリ開発を実現。カラオケ音源の再生、歌詞テロップ表示、キー変更などのカラオケ基本機能だけでなく、独自開発が難しいカラオケの採点機能の搭載も可能となり、開発工数、費用ともに大幅に圧縮できる、としています。

アイデア次第では、カラオケの練習や採点を利用したキャンペーンやプロモーションなどのサービスや企画はもちろん、動画共有やVTuberによる“歌ってみた”などのLIVE配信まで活用できると明かされています。

契約などの詳細や問い合わせは、こちらから。

(参考)株式会社エクシング プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました