「スラムダンク」公式アプリが配信、現実で桜木花道のシュート練習が見れる

#ホロの試練

バスケットボール漫画「スラムダンク」を題材としたアプリ「SLAM DUNK Talkin’ to the Rim」が、iOS / Androidにて配信を開始しました。AR機能が搭載されており、主人公・桜木花道が現実世界でシュート練習をしている姿を見ることもできます。

現実に桜木花道がやってくる

本アプリでは漫画「スラムダンク」の主人公、桜木花道がひたすらシュート練習をしている姿を見ることができるアプリです。AR MODE、PARK MODE、ALBUM MODEが用意され、AR MODEで床面を認識すると、7.5m先にバスケットゴールが出現。現実世界で桜木花道のシュート練習を、好きなアングルで見ることができます。

また、PARK MODEでは漫画の中の公園で花道が練習する姿を好きなアングルで見ることができ、AR機能のない機種にも対応しています。さらにALBUM MODEでは、AR MODEで好きな瞬間を撮影し保存できます。撮影した画像のシェアも可能です。

【お知らせ】木の肌に触れる、空を見上げる、ベンチに座る…
忙しい日常をしばし脇に置かせてくれるようなものの一つになったらいいなと思い、「桜木のシュート練習を見る」というアプリをつくりました。#sdrhttps://t.co/e7Q19jPyn3

— 井上雄彦 Inoue Takehiko (@inouetake) November 9, 2019

ARはiPhone SE・iOS11以降のiPhoneやiPad、または最新のARCoreに対応したAndroid7以降のAndroidが対応機種となっており、価格は250円です。配信先はこちら。

iOS
Android

(参考)SLAM DUNK Talkin’ to the Rim 公式サイト井上雄彦 公式Twitter