エミー賞受賞のVR作品「The Wolves in the Walls」最終章がリリース

未分類
この記事は約2分で読めます。

エミー賞受賞のVR映像作品「The Wolves in the Walls」の最終章が、Oculus Storeでリリースされました。対応VRヘッドセットはOculus Rift(Rift S)。ダウンロードは無料です。

8歳の女の子の物語

「The Wolves in the Walls」は、Oculus Story Studio(※閉鎖された同社の映像部門)の元メンバーが創業した企業、Fable Studioが制作した全3部作構成の作品です。

物語の主人公は想像力豊かな8才の少女ルーシー。部屋の壁の中に凶暴なオオカミがいるはずだ、と強く疑っています。果たして本当にオオカミがいるのか、プレイヤーはルーシーと一緒になって物語を進めます。

Wolves in the Walls Trailer

キャラクターとの一体感

Fable Studioによれば、物語の傍観者ではなく、8才の少女と同じ目線で物語を一緒に体験し、キャラクターとの一体感が感じられることが「The Wolves in the Walls」の特長であるとのこと。決してルーシーは筋書き通りにふるまうだけの登場人物ではありません。プレイヤーがどのようにルーシーと接するかによって、彼女の反応も変化します。

前エピソード(を体験したRoad to VRの記者は、ルーシーを「ある部分では、これまでVR作品で見た中でも、一番本物の人間に近いと感じた」と評しています。

ソフトウェア概要

タイトル

The Wolves in the Walls

開発元・パブリッシャー

Fable Studio

対応VRヘッドセット

Oculus Rift(Rift S)

価格

無料

プレイ人数

1人

公式サイト

400 Bad Request

バーチャルキャラクターとの一体感が特長のVR作品、エミー賞受賞

バーチャルキャラクターとの一体感が特長のVR作品、エミー賞受賞

MoguraVR

高品質なVRアニメ制作チーム再結集 元Oculusのメンバーが新会社

高品質なVRアニメ制作チーム再結集 元Oculusのメンバーが新会社

MoguraVR

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました