スマートグラス「Vuzix Blade」、セキュリティ企業から1万台以上受注

#ホロの試練

AR技術やスマートグラスを扱うVuzix Corporationは、自社のスマートグラス「Blade」に関し、710万ドル(約7.8億円)規模、1万台以上の発注を受けたことを明らかにしました。発注を行ったSWORD社は、モバイルベースのセキュリティソリューションを提供する企業。
今回の発注に加え、テストなどのために、2020年初頭にBladeを購入する予定とのことです。

Vuzixの「Blade」は、視界に情報を表示することのできるスマートグラスです。スマホを介したデータの送受信と表示が可能で、メールや画像、テキストメッセージなどのデータを空中に表示して閲覧したり、道案内を受けるといったことが可能です。

スマートグラスを活用、ハンズフリーで効率化

SWORD社は、隠された武器検出や顔認識、銃声検出のための多層技術を備えたモバイルベースの脅威検出ソリューションを提供しています。エンタープライズセキュリティ製品のグローバル展開に先立ち、今回「Blade」を1万台以上発注しました。

同社は「Blade」を利用することで、セキュリティ担当者はさまざまな環境をナビゲートしながらハンズフリーでスキャンをデバイス、リアルタイムで重要な脅威通知を迅速かつ目立たずに受信可能になるとのことです。

より"メガネに近い"スマートグラス 米AR企業Vuzixが特許申請

より"メガネに近い"スマートグラス 米AR企業Vuzixが特許申請

MoguraVR

(参考)Vuzix Corporation プレスリリース