静岡県とナイアンティックが連携 ARゲームのプレイ環境整備へ

この記事は約1分で読めます。

AR位置ゲーム「ポケモンGO」などを配信するナイアンティックは静岡県とともに、観光振興・ 健康増進などを目的とした事業を進める声明を発表しました。

静岡県とナイアンティックでは、ARゲームのプレイ環境の整備を世界に先駆けて行うなど、双方の資源を有効に活用した連携を推進。まずは伊豆半島地域の特色ある風土や歴史を発信するツールとして活用し、多くの人に足を運んでもらえるような仕掛けを作ることを発表しました。また、観光スポットや避難経路、ウォーキングルートなどを示した周遊マップの作成などが予定されています。

今回のプレイ環境の整備に伴い、ゲーム内の「ポケストップ」や「ジム」などにあたるPOI(ポイントオブインタレスト)のデータを、静岡県がリードをしてNianticに提供。地方自治体のリードによる提供は、Nianticにとっても初めてとのこと。

ナイアンティック日本法人代表の村井説人氏は、11月5日(火)に静岡県の川勝平太知事との対談を行い、静岡県には歴史的価値や芸術作品、ストーリーのあるものが多くあることを語りました。知事は、作家井上靖氏の「しろばんば」の像といった地元の人のみに知られている観光スポットがあることを語ると、村井代表は、まさにそのようなものがPOIとなると説明しています。

(参考)ナイアンティック 公式サイト

タイトルとURLをコピーしました