【ポケモンGO】相棒とふれあえる新機能「Buddy Adventure(仮)」発表

#ホロの試練
この記事は約1分で読めます。

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」などを手掛けるNiantic(ナイアンティック)は、同タイトルの新マルチプレイヤーAR機能「Buddy Adventure(相棒と冒険)(仮題)」(以下Buddy Adventure)を発表しました。

相棒ポケモンとのふれあいが可能に

「Buddy Adventure(仮)」は、2019年11月5日(火)にアメリカで開催されたNianticのイベント「AR Day」で発表されました。同機能の実装後、プレイヤーは相棒ポケモンと親密になる(仲良し度が進む)と、ベリーをあげたり、なでたりといったアクションを行えます。公式発表によれば、他のトレーナーと連携し、フレンドの相棒ポケモンを自分のスマートフォン画面に写しての撮影も可能になるとのこと。

2019年11月7日現在、「Buddy Adventure(仮)」の実装予定日は発表されていません。

©2016–2019 Niantic, Inc. ©2016–2019 Pokémon. ©1995–2019 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.

タイトルとURLをコピーしました