空間に浮かぶ“芸術”を楽しむ 渋谷でVR/AR/MRアート展が開催

この記事は約3分で読めます。

11月8日(金)より、XR(VR/AR/MR)を利用したアート展「INVISIBLE ART IN PUBLIC」が東京・渋谷の複合施設「SHIBUYA CAST.」にて開催されます。

INVISIBLE ART IN PUBLICは、渋谷区観光協会、渋谷未来デザイン、KDDI株式会社による「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」の第3弾で「『見えない』を価値に。」をコンセプトとしたXR技術採用の作品が多数登場します。

期間中は敷地内に貼られたマーカーをアプリで読み込むと、空間上に浮かび上がるアートを観賞できるそうです。

参加アーティストはVRコンテンツアワード「NEWVIEW AWARDS 2019」のファイナリスト、そして本展のキービジュアルに起用されているアーティストのKhayahさんが予定されています。INVISIBLE ART IN PUBLICは11月8日(金)から10日(日)まで開催されます。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

5G時代の渋谷をアップデートする会議の第2弾も開催

11月1日(金)より開催されているWHITE NIGHT WEEK SHIBUYAに合わせて、11月7日(木)には、「渋谷5Gエンタメテック会議 Vol.2」が開催されます。音楽やアートといったエンターテインメント領域を中心に活躍している人達を交え、渋谷の街をアップデートするためのアイディアを生み出すというイベントです。

渋谷5Gエンタメテック会議 Vol.2には、ライブストリーミングサイト「DOMMUNE」代表でアーティストの宇川直宏氏をはじめ、KDDIビジネスアグリゲーション本部アグリゲーション推進部 部長 繁田光平氏、Naohiro Yako氏、クリエイター集団のCEKAIが登壇。それぞれの立場から5G時代の渋谷についてのトークが繰り広げられます。

前回の「渋谷5Gエンタメテック会議 Vol.1」では、渋谷の街をミュージックプレーヤーにする、音のARサービス「Audio Scape」のアイデアが生まれ、渋谷の街に実装されました。今回のXRのアート展も同会議にて生まれたアイデアのひとつです。

イベント概要

INVISIBLE ART IN PUBLIC

場所

東京都渋谷区渋谷1丁目23−21
SHIBUYA CAST.

期間

2019年11月8日(金)、9日(土)、10日(日)

時間

17:00~21:00

体験方法

端末はCITYSHOP渋谷キャスト店にて貸し出し。SHIBUYA CAST.敷地内に貼られたマーカーをアプリで読み込むことにより、空間上に浮かび上がるアートを楽しめます。

特別協力

東急株式会社、NEWVIEW PROJECT(Psychic VR Lab、PARCO、loftwork)、CITYSHOP

渋谷5Gエンタメテック会議 Vol.2

場所

東京都渋谷区道玄坂2丁目14−8
TSUTAYA O-EAST Bldg. 5F 特設会場

規模

約80名

期間

2019年11月7日(木)

時間

21:00~21:45

登壇者(敬称略)

・宇川 直宏(DOMMUNE)
・繁田 光平(KDDI株式会社)
・Naohiro Yako (flapper3)
・CEKAI

申し込み

WHITE NIGHT WEEK SHIBUYA 2019
WHITE NIGHT WEEK SHIBUYA 2019 / 2019.11.05 (火) / TOKYO, JAPAN | WHITE NIGHT WEEK / Tech Conference

(参考)KDDI株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました