Magic Leapが新開発ツールを発表。「Magicverse」構築目指す

この記事は約2分で読めます。

MRデバイス「Magic Leap One」を手がけるMagic Leapは、新たな開発ツール「Magicverse SDK 1.0」を発表しました。これはサウジアラビアのリヤドで開催された「Future Investment Initiative 2019」にて明らかにされたもので、2020年第一四半期のリリースを予定しているとのことです。

「Magicverse」とは

「Magicverse(マジックバース)」とは、Magic LeapのRony Abovitzが提唱する、現実世界と仮想世界が多層的に重なる概念であり空間のこと。今回の発表スライドによると、同開発ツールはMagic Leap One用OS「Lumin OS」だけでなく、Unity、Unreal Engine 4、iOS、Android上でも利用できるようです。これにより、開発者はMagic Leap Oneとモバイルデバイス間で動作するアプリを制作できるようになります。

Unity用開発ツールもリリース

また、同発表前日の10月30日には、Unity用のMagic leap開発ツールもリリースされました。こちらはGithubからダウンロードできます。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

同開発ツールには9つの機能があり、アプリ機能開発・ネットワーク接続テスト・データ分析などができます。

ツール機能のひとつ「Surface Details」では、コントローラーで指した場所が床なのか、テーブルの上なのか、などといった空間位置情報を把握できます。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

他にも、仮想空間内にあるオブジェクトをつかんだり動かしたりする「Control Pointer」、仮想オブジェクトを常に視界にとどめておく「Keep In Front」などの機能が利用できます。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

NTTぷらら、MRデバイス「Magic Leap One」活用のライブイベント演出実施

NTTぷらら、MRデバイス「Magic Leap One」活用のライブイベント演出実施

MoguraVR

MRデバイス「Magic Leap One」とは? 価格や購入方法など最新情報まとめ【2019年9月版】

MRデバイス「Magic Leap One」とは? 価格や購入方法など最新情報まとめ【2019年9月版】

MoguraVR

Magic Leap、医療分野に注力か 空間コンピューティングを診療・トレーニングへ

Magic Leap、医療分野に注力か 空間コンピューティングを診療・トレーニングへ

MoguraVR

(参考)Next Reality

タイトルとURLをコピーしました