〝VR手術訓練”企業が560万ドル調達、医療機関やVCから注目集まる

この記事は約2分で読めます。

イギリスのVRスタートアップFundamentalVRは、総額560万ドル(約6億円)の資金調達を行いました。VRを用いた医療トレーニングツール、および分析のプラットフォーム開発を進めます。


(画像クレジット:FundamentalVR)

FundamentalVRの時価総額は1,450万ドル(約15億7,000万円)に上り、前年の資金調達時と比較して27%増加しました。

投資には医療機関も参加

FundamentalVRは、VRトレーニングとデータ分析プラットフォームを手がけています。同社の提供する「Fundamental Surgery」は、手術のトレーニングをVR上で行うもの。専用のコントローラーを用い、触覚技術も取り入れています。


(画像クレジット:FundamentalVR)

今回の投資は英国のDowning Venturesが主導し、複数のベンチャーキャピタルが参加しました。また米国のメイヨー・クリニック、ドイツのSana Klinikenといった医療機関も参画している点は、FundamentalVRの実力の裏付けとも言えるでしょう。なお、メイヨー・クリニックは、VRシミュレーション及び教育コンテンツの共同開発で同社とパートナーシップを結んでいます。

英医療VR企業、米大手総合病院と提携しVR手術シミュレーション開発 140万ドル調達

英医療VR企業、米大手総合病院と提携しVR手術シミュレーション開発 140万ドル調達

MoguraVR

医療×XRで続く資金調達

医療は、VR/AR活用で特に注目を集める分野です。2019年は、他にも下記のような資金調達の事例があります。

患者の体内をダイレクトに確認、医療×AR企業が450万ドル調達

患者の体内をダイレクトに確認、医療×AR企業が450万ドル調達

MoguraVR

ARを使い発症前からアルツハイマーを発見 米企業が630万ドルの資金調達

ARを使い発症前からアルツハイマーを発見 米企業が630万ドルの資金調達

MoguraVR

医療×VR/MRのHoloEyes、約2億5,000万円を資金調達 VR教育配信サービス開発へ

医療×VR/MRのHoloEyes、約2億5,000万円を資金調達 VR教育配信サービス開発へ

MoguraVR

(参考)VentureBeat

タイトルとURLをコピーしました