2019-11

未分類

【Oculus Quest】11月第5週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

11月第5週はOculus Quest(オキュラス クエスト)向けに有料アプリ2個がリリースされました。 今週のピックアップ フィッシャーマンズ・テイル https://www.youtube.com/watch?v=3Z5LDO7kBF8 「フィッシャーマンズ・テイル」は、空間の謎を解いて脱出を目指すVRパズルアドベンチャーゲームです。プレイヤーは忘れ去られた小さな小屋に一人で住む漁師の人形の「ボブ」となり、マトリョーシカのように入れ子となった空間で自分を操ります。 本作の部屋中央には自分のいる部屋のジオラマがあり、実寸大の部屋とうまく組み合わせながら謎を解いていくシステムが特徴です。「VR Awards 2019」ではVRゲーム・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、そのゲームデザインが高く評価されています。 Espire 1: VR Operative https://www.youtube.com/watch?v=78ReBGdNiic 「Espire 1: VR Operative」は、未来を舞台にしたVRステルスアクションゲームです。エージェントとして敵の拠点に侵入し、見つからないようにミッションをこなしていきます。敵にホールドアップさせたり銃を奪ったりなどのアクションができるほか、鉄骨や壁のでっぱりを掴んでの移動も可能となっています。 新作一覧 「フィッシャーマンズ・テイル」 開発:InnerspaceVR 日本語対応:なし ジャンル:アドベンチャーパズル 価格:1,490円 評価:星4.5(20件) Oculus Store 「Espire 1: VR Operative」 開発:Digital Lode 日本語対応:なし ジャンル:ステルスアクション 価格:2,990円 評価:星4.1(338件) Oculus Store ※評価は執筆時点のOculus Storeでの評価です。
未分類

人気のVRステルス続編「Budget Cuts 2」、12月13日発売へ

VRステルスアクションゲーム「Budget Cuts 2: Mission Insolvency」の発売日が、2019年12月13日に決定しました。対応VRヘッドセットは、Oculus Rift(RIft S)、HTC VIVE、VALVE INDEXです。 https://www.youtube.com/watch?v=O2R4YkfwY8E より進化した作品に 「Budget Cuts 2」は、2018年にリリースされた「Budget Cuts」の続編。Fast Travel Gamesとの共同制作体制となります。プレイヤーは前作と同じく、巨大複合企業トランスコープ社を相手に戦います。今回公開された予告映像からは、グレネードや本格的な近接攻撃などの新要素が確認できます。 Budget Cuts 2の概要 トランスコープ社は、人類を滅亡させる計画を進めています。あなたは、彼らの悪質な“コストカット”を止めなければなりません。究極の効率性が人類を滅ぼす前に、新たなアイテムや仲間を見つけ、新たなロケーションでのロボットとの戦いを潜り抜けましょう。 「Budget Cuts 2」は、あなたが前作「Budget Cuts」で始めた冒険の結末(を描く物語)ですが、同時に独立した作品であり、新たなプレイヤーも気軽にプレイすることが可能です。 ソフトウェア概要 タイトル Budget Cuts 2: Mission Insolvency 開発元 Neat Corporation、Fast Travel Games パブリッシャー Neat Corporation 対応VRヘッドセット Oculus Rift(RIft S)、HTC VIVE、VALVE INDEX ダウンロード Steam(11月29日時点では価格非公開)、Oculus Store(税込2,990円) 公式サイト https://www.fasttravelgames.com/budget-cuts-2-mission-insolvency/ 【徹底比較】VRヘッドセットを"今"買うならオススメはどれ? (2019年最新版) MoguraVR 期待のVRステルスアクション「Budget Cuts」発売 MoguraVR (参考)Road to..
未分類

【ポケモンGO】イオン、店舗ポケストップ等の一部撤去を発表

イオンにて、これまでグループ店舗内に設置されていた、スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」のポケストップやジムが、2019年12月1日(日)より一部撤去されます。 イオンと「ポケモンGO」の提携は2016年にスタートしました。提携後、ポケストップなどが存在するイオンの店舗では、コラボイベントの「伝説レイドバトルウィーク」など様々なイベントが実施されています。 イオンがポケストップ等の一部撤去を決定した理由は発表されていません。現在イオンの「イオンのジムを探す」ページには、12月2日時点(一部撤去後)の情報が掲載されています。 (参考)イオン
未分類

【ドラゴンクエストウォーク】新バージョン1.2.1配信 様々な不具合が修正

11月29日(金)、スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」のバージョン1.2.1に関する追加告知が、同タイトルの公式Twitterで行われました。 バージョン1.2.1は先日(11月26日)に配信された、「ドラゴンクエストウォーク」の最新ソフトウェア・バージョン。リリース時には、以下のような不具合が修正されたことが説明されていました。 ・WALKモード状態でアプリを終了させたあとに再起動した際、WALKモードのまま戦闘に入るとゲームが進行不能になることがある不具合を修正。 ・戦闘中に混乱した味方および敵が、助っ人(※)キャラクターを攻撃すると進行不能になる不具合を修正。 ・強敵モンスターを最大レベルよりひとつ下のレベルまで倒したとき、最大レベルの「初回レベル討伐報酬」が実際には獲得していないのに“獲得済み”と表示される不具合を修正。 ・その他の問題を修正。 (※助っ人キャラクター:イベントクエストの各賞をクリアすることで出現。「助っ人」に選択することで、時折戦闘に参加してくれます。) バージョン1.2.1( iOS / Android )が配信され、バトル時に特定の条件下でゲームが進行不能になる不具合を修正いたしました。 詳しくはゲーム内のお知らせをご確認ください。https://t.co/MsNqm003RC#DQウォーク #ドラクエウォーク pic.twitter.com/Vi6ANaTe4k — ドラゴンクエストウォーク公式 (@DQWalk) November 29, 2019 今回の追加告知では、上記の不具合修正に加えてバージョン1.2.1で不具合の修正に伴い、フィールドに登場する「スカルガルー」「たまねぎマン」「スウィートバッグ」「タップデビル」「きめんどうし」が混乱効果を付与するスキルを使用するように設定されたことが発表されました。 【ドラゴンクエストウォーク】「DQⅣ」コラボイベントが開催! MoguraVR © 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (参考)Twitter
未分類

星街すいせい、イノナカミュージックからホロライブへ転籍

VTuberの星街すいせいさんが、12月1日(日)の20:00からYouTubeで新Live2Dモデルのお披露目配信を行います。また、「ホロライブ」内の音楽レーベル「イノナカミュージック」から、「ホロライブ」へ転籍することも発表しました。 「イノナカミュージック」は2019年5月に設立された「ホロライブ」内の音楽レーベル。バーチャルシンガーのAZKiさん、星街すいせいさんが所属していました。今回の移籍は、「ホロライブ」にライバーのマネジメントを集約し、星街すいせいさんのサポート体制強化・「イノナカミュージック」のイベント運営業務の拡充を行うためとのことです。 星街すいせいさんはTwitterにて、「事務所の今後の方針や星街すいせいという自分なりのアイドル的な側面を大事にしたかったことが重なり転籍の選択をしました」と転籍の理由を説明。また、「転籍してからの活動においてはほとんど変わりはなく、今まで通りの配信を行っていきます」としています。 いつも応援して下さる皆様へ pic.twitter.com/aU0k0bpKb0 — 星街すいせい☄️ホロライブ (@suisei_hosimati) 2019年11月29日 AZKiさんは、「今後ともイノナカミュージックを見守って下さればと思います」としつつ、「とまらないホロライブ!すいちゃんバズってけ~!」と星街すいせいさんへ激励を送っています。 これからイノナカミュージックで出来ることって何だろう、こんなこと出来たらいいよね、というのはさんと一緒にAZKiも考えているので、今後とも見守って下さればと思います。 とまらないホロライブ!すいちゃんバズってけ~!ということで、よろしくお願いします! — AZKi@1st ALBUM without U発売!! (@AZKi_VDiVA) 2019年11月29日 (参考)星街すいせい、AZKi 公式Twitter
未分類

【ドラゴンクエストウォーク】歩いて報酬ゲットのキャンペーン開催

スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」で、歩いて一定以上の歩数を記録すると報酬アイテムがもらえる「歩いてほっかほかキャンペーン」が開催されます。開催期間は、11月29日(金)15:00から12月2日(月)14:59まで。 イベント内容は、名前の通り歩いて歩数を稼ぐと報酬(ゴールドなど)が手に入るというもの。関連するミッションはイベントタブに表示されます。 歩数のカウントは、ユーザーが使用する端末(iOS、Android)によって計測方法が異なります。iOS(iPhone)で歩数カウントが上手くいかない場合、「ヘルスケア」との連携ができていない可能性があります。またAndroidで失敗する場合は「Google Fit」が未インストールか、連携できていない場合が考えられるので、計測がゲームに反映されているかを確認の上、ミッションに挑戦してみましょう。 【 歩いてほっかほかキャンペーン開催! 12月2日(月) 14:59まで 】 歩くことで報酬が貰えるキャンペーンが、今週末限定で開催しております。 ゴールド獲得のチャンスなので、スマホをもってぼうけんにでかけよう。https://t.co/FnYQO2yCNo#DQウォーク #ドラクエウォーク pic.twitter.com/JsOpLnyk6p — ドラゴンクエストウォーク公式 (@DQWalk) November 29, 2019 「歩いてほっかほかキャンペーン」と、歩数カウント連携設定の詳細についてはこちらから確認できます。 © 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (参考)ドラゴンクエストウォーク 公式Twitter
未分類

【ドラゴンクエストウォーク】グッズがもらえるクリスマスキャンペーン開始

2019年11月29日(金)、スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」の公式Twitterで、当選すると様々なグッズが獲得できる「『Twitter #クリスマスボックス』RTキャンペーン」の開催が告知されました。 「『Twitter #クリスマスボックス』RTキャンペーン」には、ドラゴンクエストウォーク公式Twitterをフォローした上で、該当ツイートをリツイートすることで応募可能。参加が確認されると、応募完了のリプライが送られます。応募(リツイート)期間は、11月29日(金)から12月25日(水)23:59まで。 キャンペーンの当選者(合計200人)には、「ドラゴンクエスト」関連のグッズがプレゼントされます。グッズの詳細は以下の通りです。 ・A賞:「ドラゴンクエスト」グッズ詰め合わせ ×100個 ・B賞:ドラゴンクエスト 大人になった勇者のための装備 ロトの鎧スマホケース Lサイズ ×50個 ・C賞:ドラゴンクエスト 大人になった勇者のための装備 天空の鎧スマホケース Lサイズ ×50個 メリークリスマス#DQWalk から素敵なクリスマスプレゼント! 【応募方法】 ①「@DQWalk」をフォロー ②このツイートをRT ③応募完了のリプライが届く 合計200名様にドラゴンクエストグッズなどをプレゼント!#クリスマスボックス#ドラクエウォークXmas 詳細:https://t.co/yL4lzvacYJ pic.twitter.com/9DCmb9qM7o — ドラゴンクエストウォーク公式 (@DQWalk) November 29, 2019 キャンペーンの当選者には、公式Twitterからダイレクトメッセージで連絡が届きます。公式発表によれば、当選通知期間の終了前にフォローを解除した場合、当選対象にはならないとのこと。 今回のキャンペーンの詳細については、こちらから確認できます。 © 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (参考)ドラゴンクエストウォーク 公式Twitter
未分類

新日本プロレスの選手と闘うVR作品が登場!12月下旬に販売開始

新日本プロレスの選手と闘う、という疑似体験ができるVR作品「新日本プロレスVR」が、アソビストアにて12月下旬より販売開始されます。第一弾は、新日本プロレスの人気ユニット「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」の内藤哲也選手が登場する「新日本プロレスVR 内藤哲也」トランキーロセットで、価格は3,500円(税込)です。 新日本プロレスVRは、株式会社バンダイナムコエンターテインメントと新日本プロレスリング株式会社が共同制作したプロレス体験VR作品です。選手が迫ってくる臨場感やプロレス技を受けるといった体験をスマートフォンで楽しむことができます。 「新日本プロレスVR 内藤哲也」では、内藤選手と同じリングに上がりメッセージやトーク体験を間近で堪能できるほか、実戦さながらのスパーリングで内藤選手とリング上で闘う体験ができるとのこと。 配信記念グッズのプレゼントや特製VRゴーグルの販売も アソビストアでは、「新日本プロレスVR 内藤哲也」の配信記念として、本作品を視聴したユーザー全員にメモリアルグッズ「内藤哲也リストバンド」(2個セット)をプレゼントするキャンペーンを実施。さらに新日本プロレスVR特製「内藤哲也ブロマイド」も同梱されます。 また、スマートフォンを装着して作品を視聴できる「新日本プロレスVRゴーグル」も販売されます。ライオンマークモデルと内藤哲也選手モデルの2モデルが発売予定です。 (参考)株式会社バンダイナムコエンターテインメント プレスリリース
未分類

AR/VR活用テーマパーク運営のプレースホルダ、約6億円を調達

AR/VR技術を活用したテーマパーク「リトルプラネット」を運営する株式会社プレースホルダは、シリーズBラウンドとして約6億円の資金調達を行いました。今回の資金調達により、アトラクションのクオリティ向上や設計・開発スピードの加速、マーケティングの強化を図るとしています。 (左からプレースホルダ取締役CCO・鈴木匠太氏、代表取締役CEO・後藤貴史氏、取締役CFO・植西祐介氏) この調達は、新規投資家となるKDDI Open Innovation Fund 3号や株式会社オー・エル・エム・ベンチャーズ(OLM)、および既存投資家の株式会社東京放送ホールディングス(TBSホールディングス)、みずほキャピタル株式会社の4社を引受先とした第三者割当増資によるものです。プレースホルダは2018年2月に約6億円の調達を実施しており、今回の調達により累計調達額は約13億円となるとのこと。 他社と連携を取り様々な方面へ展開 プレースホルダは、2018年2月よりTBSホールディングスとリトルプラネットの新規出店や広告宣伝などで連携を実施しており、引き続き強固な関係性を築くとしています。KDDIとは同社が有する通信技術やプラットフォームを活用して新規コンテンツの開発などエンターテインメント分野での連携を実施。OLMとの間では同社が有する映像コンテンツ企画・制作の知見やネットワークを起点に、リトルプラネットのコンテンツ力やメディア展開の強化を目指すとのことです。 リトルプラネットとは https://www.youtube.com/watch?v=P0p2n6HLE3Y 「リトルプラネット」は、AR/VRやセンシングなどのデジタル技術を活用したファミリー向けテーマパークです。これまでに首都圏に6ヶ所、静岡・福岡に各1ヶ所と計8つの常設パークを展開しています。 AR/VRフル活用 子供が夢中の知育テーマパーク・リトルプラネット MoguraVR (参考)株式会社プレースホルダ プレスリリース
未分類

注目のVRオープンワールドRPG「Nostos」、12月7日発売決定

VR対応のオープンワールド・オンラインPRG「Nostos」の発売日が、2019年12月7日(日本時間)に決定しました。Oculus RiftやHTC VIVE、Windows Mixed Realityヘッドセットに対応するほか、非VR環境でのプレイも可能。価格は19.99ドル(約2,200円)、Steam、VIVEPORT、Oculus Storeで入手可能です。 NetEaseが手掛けるVRゲーム 「Nostos」は、「荒野行動」「Identity Ⅴ」などを手掛けるNetEase Gamesの作品。オープンワールドならではの自由度の高いゲームプレイが特徴です。 本作の舞台は、人類滅亡から1,000年後の世界。プレイヤーは仲間とともに世界を旅し、襲い掛かってくる「Coral Seas」から身を守りながら、戦争の痕跡を見つけ出し、人類が滅亡した謎を解き明かします。2019年9月には、4日間限定のベータテストも実施されました。 https://www.youtube.com/watch?v=Jn16hBYiUkY プレゼントキャンペーンも実施中 「Nostos」の公式Twitterでは、リリース日の告知と同時に、合計15人に本作の無料キーを配布するキャンペーンが開始されました。説明によれば、キャンペーンには該当ツイートを“いいね”とリツイートし、2人のTwitterユーザー(友人)を紐づけすることで参加できるとのこと。 #Nostos#ComingSoon#Pioneers,We are glad to announce #NOSTOS will #OfficialLaunch on #STEAM for PC&VR devices at [4pm December 6, 2019(PST)] : https://t.co/RIks79HV60 Before 12/06, RT&Like this post, and @ two friends. We will ramdomly pick 15 players and send you the #FREEKey!! pic.twitter.com/GT7DS8U9H0 — Nostos (@nostosgame) November 28, 2019 ソフトウェア概要 タイトル Nostos 開..
未分類

VALVE INDEX、一部地域で在庫切れに。日本でもコントローラーは売り切れ

ValveのPC向けハイエンドVRヘッドセット「VALVE INDEX(バルブ・インデックス)」が、一部の国で在庫切れになっていることが分かりました。主に北米で在庫切れ傾向がみられ、日本でもコントローラーは売り切れとなっています。 アメリカやカナダで在庫切れ 「VALVE INDEX」はValve社が開発・販売する、PC向けのVRヘッドセット。高い解像度やリフレッシュレート、五本の指をトラッキングできるコントローラーなどが特徴です。日本でも2019年11月28日より店頭で販売が開始されています。 今回の在庫切れの情報は、海外メディアRoad to VRが報じました。同メディアによれば、北米とカナダの「VALVE INDEX」の販売(Steam)ページで、VRヘッドセット単体、ハンドコントローラーのみ、VRヘッドセットとハンドコントローラーのセットが売り切れになっているとのこと。 VRヘッドセットとハンドコントローラー、ベースステーションのフルセットは販売が継続されていますが、出荷予定日は「12月25日までに出荷予定」となっています。 なお、イギリスとイタリアでは、「VALVE INDEX」の販売は通常通り行われています。 日本でもコントローラーが売り切れ 2019年11月29日現在、日本国内でも「VALVE INDEX」の一部在庫切れが確認されています。同VRヘッドセットの正規販売代理店、株式会社デジカの購入ページでは、ハンドコントローラー単体が「売り切れ」となっています。その他の製品(ヘッドセット単体、各セット)は通常通り購入可能です。 「VALVE INDEX」が各国で在庫切れになっている詳細な理由は不明ですが、その一因は、Valveが先日発表した、新作VRゲーム「Half-Life: Alyx」と推測されます。同作は、名作FPS「Half-Life」の約12年ぶりの続編。発表と同時に「VALVE INDEX」か、同VRヘッドセットのハンドコントローラーを所有するユーザーに無料配布されることが告知されました。 (国内向け「VALVE INDEX」ハンドコントローラーの販売ページ) ValveのVRヘッドセット「VALVE INDEX」日本発売、最新情報まとめ(2019年10月版) MoguraVR VALVE INDEXは「最..
未分類

「No Man’s Sky」の最新アップデート「SYNTHESIS」配信開始、フォトモードなどがVRに対応

11月28日より、SFアクションアドベンチャーゲーム「No Man’s Sky」の最新アップデート「SYNTHESIS」が開始されています。従来ゲームモード向けアップデートに加え、VR関連のアップデートも複数行われています。 本アップデートでは、新しい建設パーツ、不要になった宇宙船をターミナルでスクラップ化して新テクノロジー向けの素材として転用する「シップサルベージ」、ポータブル精製機なしで素材精製が可能になる「バックアップリファイナー」などの新要素・新機能追加のほか、300近い調整と変更が行われています。 Announcing The Synthesis Update! * Ship salvaging * First person exocraft * Multiple weapons * Ship upgrading * VR improvements * Tri base building parts * Backpack refiner * plus nearly 300 tweaks and changes for this game we love so much ❤️https://t.co/QfFR1FC6U5 — Sean Murray (@NoMansSky) 2019年11月27日 フォトモード、クリーチャー騎乗もVRに対応 8月14日のアップデート「Beyond」で可能になったVRも、フォトモード、クリーチャー騎乗がVRでも体験可能となりました。ほかにVR時のマルチツール表示、近接攻撃の問題に関しても修正を実施。また、VR専用の探索用車両「エクソクラフト」の一人称視点は、非VR時にも対応しました。 そのほかの修正点に関しては、公式サイトのパッチノート(英語)より参照できます。 Steamオータムセール期間中は50%OFFで購入可能 「No Man’s Sky」は1800京以上に及ぶ惑星、銀河を冒険していくSFアクション・アドベンチャーゲームで、国内ではPlayStation 4版、PC(Windows)版が販売中です。 2016年の発売当初は惑星生成パターンの乏しさ、システムの説明不足などからユーザーから批判が集まっていましたが、継続的なアップデートを重ねて改善し好評を獲得。発売から3年が経過した2019年現在もアップデ..
未分類

【ポケモンGO】世界初の公式スペース「Pokémon GO Lab.」が池袋にオープン

12月19日(木)、東京・池袋の「ポケモンセンターメガトウキョー」内に、スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」世界初の公式スペース「Pokémon GO Lab.」がオープンします。 「Pokémon GO Lab.」では、「ポケモンGO」関連のグッズが購入できるほか、トレーナーバトルやフレンド探しなどが行えます。発表によれば、店内は同タイトル内の「ジム」を模した内装になっており、等身大のウィロー博士が登場するとのこと。 ポケモン公式Twitterでは、「Pokémon GO Lab.」のオープンに伴い「ポケモンGO」の世界観をイメージしたグッズが、全国のポケモンセンターに登場することが告知されています。グッズのひとつ、チームカラーがアクセントのポロシャツは、近日中にゲーム内に登場する予定です。発売されるグッズの詳細は、こちらから確認できます。 12月19日(木)、世界初の『Pokémon GO』公式スペース「Pokémon GO Lab.」がポケモンセンターメガトウキョーに誕生! これを記念して『Pokémon GO』のグッズが、全国のポケモンセンターに登場するよ! https://t.co/v829e8KGTF #ポケモンセンター #ポケモンGO pic.twitter.com/6w06NBEW7C — ポケモン公式ツイッター (@Pokemon_cojp) November 29, 2019 ©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. (参考)Twitter、ポケットモンスターオフィシャルサイト
未分類

【ドラゴンクエストウォーク】週末メタルダンジョン 12月2日まで

スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」で週末メタルダンジョンが開催中です。同ダンジョンの開催期間は、11月29日(金)から12月2日(月)午後14:59まで。 週末メタルダンジョンは、メタル系モンスターが登場するイベントクエストです。登場モンスターが違う「初級」「中級」「上級」の3つの難易度があります。メタル系のモンスターは動きが俊敏なため、よく逃げるモンスターですが、倒すと多くの経験値を獲得できます。ただし、いずれかの難易度を1回クリアすると翌週までプレイはできません。 © 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
未分類

Oculusがホリデーセール開催、VRヘッドセットがお買い得に

Oculusは、PC向けVRヘッドセット「Oculus Rift S」と一体型VRヘッドセット「Oculus Go」を対象とした「ホリデーセール」を開催しています。セール期間中は各デバイスが6,300円引きとなり、Oculus Rift Sは43,500円、Oculus Goは32GBが17,500円、64GBが23,500円で購入できます。 PC向け・一体型VRデバイスがお買い得 「Oculus Rift S」は、2019年5月に発売されたPC向けのVRヘッドセット。2016年3月発売の「Oculus Rift」の後継機です。トラッキング方式が外部センサー不要のインサイドアウト方式になったほか、解像度改善や光学系の改良、装着感の向上などの変更が行われています。 「Oculus Rift S」情報まとめ。旧RiftやQuestとの違い、解像度・価格など MoguraVR 2018年5月発売のOculus Goは、PCもスマートフォンを必要とせず、VRでの動画やVRゲームを体験できる一体型VRヘッドセットです。動画はOculus Go向けに配信されている「YouTube VR」や「Netflix」といったアプリで視聴できるほか、標準搭載のブラウザから動画配信サービスを大画面で視聴できます。 Oculus Go最新情報まとめ、価格・セットアップ方法・おすすめアプリ一覧(2019年2月版) MoguraVR Oculus Quest購入でスターウォーズのVRゲームが同梱 今回のセールのほかにも、Oculusは一体型VRヘッドセット「Oculus Quest」向けバンドルを実施。Oculus Questを購入すると、「スター・ウォーズ」を題材としたVRゲーム「Vader Immortal」の全3エピソードが同梱する「VaderImmortal Oculus Questバンドル」が販売中です。 本バンドルの販売期間は 2020年1月31日までです。 「Vader Immortal」最終EP予告編が公開、全エピソード同梱バンドルも MoguraVR (参考)Oculus
未分類

SHOWROOMとバーチャルキャストが連携、配信での3Dギフトに対応

SHOWROOM株式会社と株式会社バーチャルキャストが新たな提携を発表しました。仮想ライブ空間「SHOWROOM」のギフティングが、VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」の3Dギフトに対応します。 SHOWROOMでは、ユーザーが配信者に向けてギフティングすることで、配信映像に星や花のイラストが追加され、配信者にギフト購入ポイントの一部が還元されるサービスが実装されています。 今回の連携により、ユーザーが視聴画面からギフティングすることで、配信映像にバーチャルキャストのVR空間内にギフト対応した「3Dギフト」アイテムが登場。これにより視聴者はギフトを通じて、配信者とのインタラクティブなコミュニケーションをリアルタイムで楽しめます。 また、本機能の追加に伴い、法人・個人にかかわらず、SHOWROOMの利用者が「バーチャルキャスト コンシューマーエディション(無料版)」を無償で利用できるようになりました。なお、下記の目的でSHOWROOMを利用する場合に限るとのこと。 ① 「SHOWROOM」上で動画等の配信を行う場合 ② ①の配信内容をアーカイブとして、他動画配信サービスにおいて配信する場合 ③ ①の配信内容を、各種SNS上において短尺使用する場合 ④ その他株式会社バーチャルキャスト及びSHOWROOM株式会社が合意した場合 SHOWROOMとバーチャルキャストのこれまでの取り組みはこちら。 バーチャルキャストとSHOWROOMが事業提携、2社による公式番組も決定 MoguraVR (参考)SHOWROOM株式会社 プレスリリース
未分類

火事に悩まされるカリフォルニア、消防士にVRトレーニング導入

米国カリフォルニア州は、森林火災や山火事などの被害に悩まされています。こうした自然災害に対抗すべく、消防局は消防士のVRトレーニングに乗り出しました。 カリフォルニア州は例年森林火災や山火事が多発しており、2019年は11月までに6,400件以上の火災が発生。被害額は約1億6,300万ドル(178億円)にのぼります。 実際の火災に基づきシーン作成 カリフォルニア州コスムネス消防局は、消防学校の新人教育過程にVRトレーニングを導入。実際のミッションにつく前に、現実の火災に基づいた様々なシーンをVRで体験します。火災がどのように広がるのか、燃え方の激しい変化、フラッシュオーバーに繋がる煙や炎の様子といったものを、VRヘッドセットを通じてリアルに体感可能です。シナリオは全部で7種類用意されています。 ほぼ全員が効果を実感 2019年10月のプログラム開始以降、20名の訓練生がVRトレーニングを体験。その効果は、非常に高いことが明らかになっています。ほぼすべての体験者が、VR体験のおかげで実際の消火活動に向けてよりしっかり準備できている、と回答しました。コスムネス消防局は、今後も訓練でのVR活用を継続するとしています。 なおトレーニング導入に際しては、英国のソフトウェアスタートアップRiVR社と、中国のVRヘッドセット開発企業Picoが協力しています。 一般市民向け避難訓練VRも 災害に備えるためにVRで体験、訓練を積むことの有用性が注目されています。その中には、一般市民を対象とした避難訓練もあります。 大型台風をVR体験、効果的に防災意識を向上 MoguraVR VRで土砂災害を体験する「避難訓練VR」、理経が自治体・大学と共同開発 MoguraVR VRでなければ伝わらないメッセージがある、大学教授もお墨付き「避難訓練VR」 MoguraVR 消防局でもVRトレーニング導入 コストは10分の1以下 MoguraVR (参考)VRScout Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。
未分類

HoloLens 2で“防弾実験”? 米企業がテスラを意識した耐久テスト

2019年11月に法人向けの展開がスタートした、マイクロソフトの新型MRヘッドセット「HoloLens 2」。このデバイスを使用した“防弾実験”がYouTubeで公開され、注目を集めています。 パートナー企業が実施、テスラを風刺か? この実験は「HoloLens 2」のパートナー企業、建設現場などでの使用を想定したカスタムHoloLens 2(Trimble XR10 with HoloLens 2)を手掛けるTrimbleが実施しました。 実験の内容は自動車メーカー・テスラの新型車「Cybertruck」の発表会で発生した、防弾ガラスがひび割れる“ハプニング”を風刺したもの。Trimbleの社員がカスタムHoloLens 2に対して鉄球投げやハンマーでの殴打などを行い、同デバイスの耐久性をテストする様子が確認できます。 Trimbleによれば、今回のテストは“楽しむための余興”で、真剣な耐久性テストではないとのこと。また使用されたデバイス(ハンマーで叩かれた物)は本物ではなく、3Dプリンターによって作られたモックアップであることが動画内で説明されています。 https://www.youtube.com/watch?v=W78_l_eeicY HoloLens 2について 「HoloLens 2」は、2016年に発売されたMRデバイス「HoloLens」の次世代機。目の前の現実世界とCGを融合して体験できる「Mixed Reality(複合現実)」を実現するデバイスです。HoloLensから2倍以上の視野角・解像度の実現、ハンドトラッキングの改善、視線追跡機能の追加などさまざまな点で改良が行われています。 デバイス単体の価格は383,800円(税別)で、マイクロソフト ストアの法人サポート窓口、および認定リセラー(日本ビジネスシステムズ株式会社、株式会社大塚商会)から購入可能。「Dynamics 365 Remote Assist with HoloLens 2」は、1ユーザーにつき月額125ドル~となっており、認定リセラーから購入が可能となる予定です。 https://www.youtube.com/watch?v=LMWwImDX3ks (「Cybertruck」発表会の映像。ハプニング以降、会場は微妙な雰囲気に) マイクロソフトの「Ho..
未分類

【ポケモンGO】イベント「フレンド・フェスト」開催、「ニドラン♂♀」などの出現が増加

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」で、イベント「フレンド・フェスト」が開催されています。 「フレンド・フェスト」は、「ニドラン♀」や「ニドラン♂」、これらのポケモンの進化系などのポケモンが、野生とリサーチタスクのリワードに出現するイベント。同イベントでは、期間中のボーナスとして、ポケモンの交換に必要な「ほしのすな」が2分の1(半分)となるほか、「特別な交換」が1日に2回行えます。またフレンドと一緒にレイドバトルに参加したときに発生するアタックボーナスが強化されます。 フレンド・フェストの開催期間は、11月28日(木)早朝から12月2日(月)までです。 ©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
未分類

台所のバナナやピザが喋りだす? 一風変わったAR機能

アメリカの雑誌「ザ・ニューヨーカー」の公式アプリ「The New Yorker Today」に、一風変わった新機能が追加されました。果物やピザ、口紅などが考えていることを表示する(※もちろん想像で)、というものです。 (バナナの考えていることが手に取るように分かる……ただし想像で) ザ・ニューヨーカーは、1925年に創刊された歴史ある雑誌。批評や小説、エッセイなど幅広い分野を取り扱っています。公式アプリの「The New Yorker Today」はiOSに対応しており、ダウンロードは無料です。 1925年に創刊 「The New Yorker Today」のAnimate Objects機能は、端末のカメラを通して機能します。カメラがピザやバナナ、口紅などを認識すると、それぞれの物品をタップするように促す通知が現れます。タップすると、オブジェクトの“内なる心”が吹き出し形式で表示されます。 Animate Objects機能には、吹き出しの表示のほかに無機物を喋らせるボイスオーバーやサウンドエフェクトの再生機能が実装されています。米メディアVRScoutによれば、これらの音声は、Erik Bergstrom氏, Karen Chee氏, Ziwe Fumudoh氏といった人物が担当しているとのこと。 以前にもARを活用 ザ・ニューヨーカーは、「The New Yorker Today」に新機能を実装する前にもARを活用した取り組みを行っています。この取り組みは、同雑誌の2016年5月16日号の表紙と裏表紙(Christoph Niemann氏作)が、ARによって紙面から浮き上がる形で表示されるものでした。 スタバがARフィルターをインスタで公開 専用カップでアニメ再生 MoguraVR スナップチャット、ディオールの"オブリーク柄"ARフィルターをリリース MoguraVR (参考)VRScout Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。
未分類

ジャパンディスプレイ、12.3インチの透明液晶ディスプレイ開発

株式会社ジャパンディスプレイ(JDI)は、12.3インチの透明液晶ディスプレイを開発しました。本開発品は透過率87%(非表示時)を実現。ディスプレイ非表示時には設置環境に溶け込み、表示時は表示情報とともに、ディスプレイ越しに実体物を観ることが可能です。 JDIは2017年に従来の液晶ディスプレイに必要であるカラーフィルターおよび偏光板を取り除く技術を採用した4インチディスプレイの開発を発表後、大型化とさらなる表示性能の改善を行ってきました。本技術を用いた製品は2020年度の量産開始を目指しているとのこと。 また、本開発品は2019年12月4日から幕張メッセで開催される第29回 液晶・有機EL・センサ技術展(ファインテック ジャパン)のJDIブース(ホール8 「ディスプレイセンサゾーン」 46-1)にて展示されます。 (参考)株式会社ジャパンディスプレイ プレスリリース
未分類

VR内を歩けるデバイス「KAT WALK mini」国内販売を開始

株式会社匠は、商業施設向けのVR内を自由に歩けるデバイス「KAT WALK mini」を販売開始しました。国内代理店オープン記念価格として限定20台を特別価格の55万円で販売を行います。20台以降は為替が大幅に変動しなければ75万円前後になる見込みとのことです。 「KAT WALK mini」は、中国のKAT VR社が開発したVR内を自由に歩けるデバイス「KAT」シリーズの1つ。身体を背中のハーネスに固定し、ユーザーの歩行を検知してコンテンツに反映するルームランナー形式のデバイスです。VR内ではプレートの上で足踏みやすり足をすることで前方に進み、プレートの上に片足を置き側面にもう片足を置くと横移動、後ろに置くと後ろへ移動します。 KATシリーズは専用ゲーム、およびSteamVRで購入できるゲームを合わせると、80以上のコンテンツに対応しています。SteamVRで歩行動作に対応しているコンテンツはKATシリーズでプレイ可能になるため、今後購入者から要望があるゲームは株式会社匠が調査し実装するとのこと。
未分類

ライバー29名がデフォルメグッズに「にじさんじぷち」第2弾発売

11月29日(金)の12:00から、バーチャルライバーグループ「にじさんじ」の所属ライバー29名のデフォルメグッズ「にじさんじぷち」第2弾が発売されます。 「にじさんじぷち」第2弾は、「にじさんじぷち」第1弾に続く、2019年9月19日(木)までにデビューした全29名のにじさんじライバーのデフォルメグッズです。グッズは各アクリルスタンドキーホルダーに、缶バッジ、クッション、ステッカーが用意されています。グッズの購入はこちらから。 【「にじさんじぷち」第2弾発売決定!】 にじさんじライバー29名が登場!デフォルメグッズ「にじさんじぷち」第2弾! 明日11月29日(金)12:00より発売開始! 詳細はこちら!▽https://t.co/awHB2f6QG9#にじさんじぷち pic.twitter.com/dRGaO8deUx — にじさんじ公式 (@nijisanji_app) 2019年11月28日 グッズ紹介(敬称略) 抱えるクッション ※画像はイメージです。実際の商品と異なる場合があります。 ・受注期間:2019年11月29日(金)12:00 ~ 2019年12月13日(金)12:00 ・サイズ:約W450mm × H450mm ・種類:全3種 ・価格:各3,000円 当商品は発送時期が遅いため、他の商品と同時購入される際はご注意ください。 ・抱えるクッションA 相羽ういは 天宮こころ アルス・アルマル エリー・コニファー 郡道美玲 ニュイ・ソシエール 葉山舞鈴 黛灰 夢月ロア ラトナ・プティ ・抱えるクッションB 御伽原江良 加賀美ハヤト シェリン・バーガンディ 健屋花那 鈴原るる 葉加瀬冬雪 早瀬走 雪城眞尋 夜見れな ・抱えるクッションC 愛園愛美 アンジュ・カトリーナ 戌亥とこ エクス・アルビオ 小野町春香 語部紡 三枝明那 瀬戸美夜子 リゼ・ヘルエスタ レヴィ・エリファ アクリルスタンドキーホルダー ※画像はイメージです。実際の商品と異なる場合があります。 ・サイズ:本体サイズ 約H70mm、スタンドサイズ 直径50mm ・種類:全29種 ・価格:各1,000円 愛園愛美 相羽ういは 天宮こころ アルス・アルマル アンジュ・カトリーナ 戌亥とこ エクス・アルビオ エリー・コニファー 御伽原江良 小野町春香 加賀美ハ..
未分類

キズナアイ「のとく番」裏番組がYouTubeで放送 カミナリアイ・朝ノ瑠璃ら出演

12月1日(日)に放送されるBS日テレの特番「のとく番」の裏配信が、VTuberのカミナリアイさんのYouTubeチャンネル「ヤッターマンチャンネル」にて放送されます。放送時間は19:00~23:00を予定しています。 「のとく番」裏配信にはMCのカミナリアイさんをはじめ、ゲストには朝ノ瑠璃さん、大蔦エルさん、キミノミヤさん、高槻りつさんなどのVTuberが出演します。「のとく番」本編の同時視聴だけでなく、裏配信だけのオリジナル企画も放送予定とのこと。 また、「のとく番」内で放送されるVTR企画「てぇてぇTV特別編 キズナアイin沖縄」でキズナアイさんと共演する根間ういさんもゲスト出演します。「のとく番」でのVTRを同時視聴しながら、根間ういさんが撮影裏話や感想を語る予定です。 BS日テレで放送される「のとく番」は、キズナアイさんがMCを務める生放送特別番組です。アシスタントは昨年に続いて、日本テレビ・伊藤遼アナウンサーが務めます。ゲストのスタジオ生放送企画や、2019年に活躍したVTuberを表彰する「Vアワード」の結果発表など、さまざまな企画が用意されています。 「のとく番」の放送日時やゲストなどの詳細はこちら。 BS日テレ「のとく番」の詳細発表 笑福亭鶴瓶がVTuberに!? MoguraVR 「のとく番」裏配信の概要 配信時間 19:00~23:00 配信チャンネル Yatterman Channel/ヤッターマンチャンネル 出演者 MCカミナリアイ 朝ノ瑠璃 大蔦エル キミノミヤ 高槻りつ 根間うい ほか (参考)ヤッターマン YouTubeチャンネル
未分類

アズレン×ホロライブのコラボPVが公開、7名のVTuberがゲームに登場

スマホ向けゲーム「アズールレーン」が、VTuber(バーチャルユーチューバー)事務所「ホロライブ」とのコラボPVを公開しました。合わせて、11月27日(水)よりコラボイベントが開催されます。 https://www.youtube.com/watch?v=7gwwld8qQTw 人気タイトルとホロライブのコラボ 「アズールレーン」では、11月27日(すい)の20:00から12月11日(水)まで、「ホロライブ×アズールレーン」コラボイベント「幻想と真実の二重奏」を開催。コラボ限定SSR空母「ときのそら」などの報酬と交換が可能です。さらに累計報酬として、コラボ限定SR軽空母「紫咲シオン」なども獲得できます。 今回のコラボでは、白上フブキさん、大神ミオさん、夏色まつりさん、湊あくあさん、紫咲シオンさん、百鬼あやめさん、ときのそらさんが艦船としてゲームに登場。あわせて、水着などの着せ替え衣装やコラボ家具シリーズ「hololive」が販売されます。 コラボキャラの入手方法は以下の通り。 コラボ限定建造:白上フブキ・湊あくあ・夏色まつり・百鬼あやめ イベントPt交換報酬:ときのそら イベントPt累計報酬:紫咲シオン 友好度で正式加入:大神ミオ アズールレーンの配信先はこちら(iOS / Android)。 © 2017 Manjuu Co.ltd & Yongshi Co.ltd All Rights Reserved. © 2017 Yostar Inc. All Rights Reserved. © 2019 cover corp. (参考)アズールレーン 公式Twitter、公式サイト ニュース
未分類

【ポケモンGO】「テラキオン」が伝説レイドバトルに登場。明日からは別イベントも

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の「伝説レイドバトル」に、がんくつポケモンの「テラキオン」が登場しました。同ポケモンの登場期間は、11月27日(水)早朝から12月17日(火)までとなっています。 発表では、「テラキオン」と戦う際には、みず、くさ、かくとう、エスパー、じめん、はがね、フェアリータイプのポケモンを連れて挑むことが推奨されています。 「ポケモンGO」では、このほかにも明日(11月28日)から、「ニドラン♀」や「ニドラン♂」、これらのポケモンの進化系が野生とリサーチタスクのリワードに出現するイベント、フレンド・フェストが開催されます。 同イベントでは、期間中のボーナスとして、ポケモンの交換に必要な「ほしのすな」が2分の1(半分)となるほか、「特別な交換」が1日に2回行えます。またフレンドと一緒にレイドバトルに参加したときに発生するアタックボーナスが強化されます。フレンド・フェストの開催期間は、11月28日(木)早朝から12月2日(月)までです。 【ポケモンGO】11月イベントの詳細が公開 テラキオンが伝説レイドに MoguraVR ©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
未分類

東国ユリアが案内する「東京クロノス VRライドギャラリー」が登場

12月3日(火)・4日(水)に開催されるVR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi 2019」にて、VRミステリーアドベンチャー「東京クロノス」とコラボレーションした「東京クロノス VRライドギャラリー」が出展されます。 「VRライドギャラリー」は、パーソナルモビリティ型VRライドデバイス「キックウェイ」に搭乗し、バーチャルな展覧会を体験できるコンテンツです。ライドは自動走行し、スピーディーに展示を見て回ることが可能。また、VR空間をなめらかに走行することで起こりやすいVR酔いを、キックウェイが「移動の体感」を発生させて低減しているそうです。 「東京クロノス VRライドギャラリー」は、「VRライドギャラリー」の第1弾としてXR Kaigi 2019に出展。プレイヤーは東国ユリアの導きで「東京クロノス」の記録を辿ります。東国ユリア役の柚木尚子さんによる当コラボ専用の新録ボイスも楽しめるとのこと。 XR Kaigi 2019の概要 Webサイト https://xrkaigi.com/ 日時 基調講演 2019年12月3日(火) 16:00〜17:30 セッション・展示 2019年12月4日(水) 09:30〜19:00 ※ハシラスの出展は12月4日のみとなります。 会場 基調講演 ベルサール秋葉原 ルームA セッション・展示 UDX THEATRE, UDX GALLERY, UDX GALLERY NEXT ※ハシラスの出展場所はUDX GALLERYとなります。 ※XR Kaigi 2019は、MoguLive運営の株式会社Moguraが主宰するカンファレンスイベントです。 ©︎2018-2019 Project TOKYO CHRONOS. All Rights Reserved. (参考)株式会社ハシラス プレスリリース
未分類

キャストが渋谷に集結!「東京クロノス」クリスマスパーティーが開催決定

12月17日(火)に渋谷マルイにて、VRミステリーアドベンチャー「東京クロノス」のイベント「『東京クロノス』クリスマスパーティー 2019」が開催されます。また、12月13日(金)〜12月22日(日)まで渋谷マルイ8Fのイベントスペースで「東京クロノスオフィシャルストア in 渋谷マルイ」の出店も決定しています。 クリスマスパーティーでは「東京クロノス」の出演声優から、これまで制作共犯者ミーティングに出演した櫻井響介役・上村祐翔さん、二階堂華怜役・石川由依さんに加え、人気キャラクター・ロウを好演した木村良平さんが出演します。オーディオコメンタリーやゲームコーナーなど、キャストとクリスマスパーティーで盛り上がるスペシャルイベントになっているとのこと。 「東京クロノス」オフィシャルストアが渋谷マルイに出現 さらに、本イベントの開催を記念して「東京クロノスオフィシャルストア in 渋谷マルイ」の出店も決定しており、「東京クロノス」の最新グッズが約20点以上発売されます。 あわせて、キャラクターデザインを務めたLAM氏の描き下ろしによる、“冬の渋谷”で楽しそうに過ごしている幼馴染9人のイラストも公開されました。 イベント概要 開催日時 2019年12月17日(火)19:00 会場 渋谷マルイイベントスペース 8F 出演者 櫻井響介役・上村祐翔 二階堂華怜役・石川由依 ロウ役・木村良平 司会・川野優希(東京クロノス宣伝プロデューサー) 参加方法 12月13日(金)10時〜渋谷マルイ8F「東京クロノスオフィシャルショップ in 渋谷マルイ」にて、「税込3,000円以上ご購入、かつエポスカードでご精算いただいたお客様」に「『東京クロノス』クリスマスパーティー2019」の参加チケットを、先着200名様に配布いたします。 ※当日の入場方法はシャッフル抽選とさせていただく場合がございます。 <シャッフル抽選とは> ・当日の入場時間・入場順を記載した入場整理券をランダムでお一人様1枚お渡しする入場決定方法です。 ・整理券に明記された入場時間帯と入場順に応じましてご案内いたします。 ・先着順の入場ではございません。早く並ばれても、シャッフル抽選ですので同じ条件になります。早く並ぶメリットはございませんのでご了承ください。 注意事項 ※チケットはお一人様1枚まで..
未分類

ANAHDと三井不動産、“アバターロボット”で共同事業を開始

ANAホールディングス株式会社(ANAHD)と三井不動産株式会社は、東京・日本橋エリアにおける遠隔アバターロボット(以下、アバター)に関する共同事業を12月より開始します。両社は協働してアバターの都市実装を推進し、2020年内を目処に日本橋エリアにおいてアバター100体の投入を目指します。 本事業は、ANAHDが推進する「アバター」の社会インフラ化を、オフィス・商業・住宅・MICEなどさまざまな都市機能が集積する日本橋エリアにおける多様なユースケースの創出を通じて加速するものです。 ANAHDは独自開発した普及型コミュニケーションアバター「newme(ニューミー)」とアバターサービスを提供するためのプラットフォーム「avatar-in(アバターイン)」や、アバター導入に関する知見の提供を行います。一方、三井不動産は日本橋エリアにおける場の提供のほか、三井不動産グループの幅広いバリューチェーンを活かした導入機会の提供を行うとしています。 (普及型コミュニケーションアバター「newme」) 「newme」での買い物体験ができるショップをオープン 本事業の第一号プロジェクトとして、日本橋エリアにおいて「newme」での買い物体験が可能となるショップが12月より期間限定でオープンします。遠隔地にいて日本橋まで足を運べない時や、家から出られない時などでも、アバターを通じた接客によるショッピングが可能になります。 そのほかの導入事例として、ビジネスシーンでアバターを使った遠隔地とのコミュニケーションやカンファレンスの参加などの活用の推進や、都市で展開されるさまざまなエンターテインメントにおけるアバターの導入が予定されています。 (参考)ANAホールディングス株式会社 プレスリリース
未分類

画期的な“乳”アイディア? 乳牛をVRで幸せにするプロジェクト、ロシアで進行中か

ロシア・モスクワの牧場RusMoloko farmで、乳牛にVRヘッドセットを装着させ、感情的な安定性を向上させるプロジェクトが進行しています。 乳の生産量増加が最終目的 “乳牛VRプロジェクト”は、RusMoloko farmの従業員とIT関係者、獣医、様々な業界の専門家たちの共同事業として行われています。本プロジェクトは、VRが乳牛のメンタル面にどのように影響するかをテストし、ストレスや不安を解消することで乳の生産量を向上させることを目的としています。 プロジェクトでは、乳牛に専用のVRヘッドセットを装着させ、牧草地のVRシミュレーションを“プレイ”させます。米メディアVRScoutによれば「シミュレーションは牛の視界にあわせたものになっている」とのこと。 関係者のコメント 乳牛VRプロジェクトについて、Ministry of Agriculture and Food of the Moscow Regionは、以下のようにコメントしています。 最初のテストで、(我々は乳牛の群れの)不安が減少し、全体的な感情のムードが上向きになったことが専門家の手によって記録されました。VRゴーグル(ヘッドセット)が乳の生産量についてどのように影響するかは、今後の包括的な研究によって示されるでしょう。 乳牛VRプロジェクトの次フェーズでは、VRシミュレーションが乳生産にどのように影響するかがテストされるとのこと。 人間をVRで動物化した時、何が起こるのか? ドイツの研究チームが実験 MoguraVR VRを通して絶滅危惧種を守る、動物研究に活用 MoguraVR (参考)VRScout Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。
未分類

AGC、生産スピード向上に向けARを試験導入

AGC株式会社は、KAKUCHO株式会社が提供するAR技術「Web AR」の試験使用を発表しました。素材の組成開発を担う材料融合研究所と、素材の生産プロセス・設備開発を担う生産技術部の開発現場において、2019年12月より導入を開始し、生産速度の向上などを図ります。 KAKUCHO社が提供する「Web AR」では、専用アプリを開発することなく、Webブラウザ上でARを簡単に使用できます。事前にURLを共有しておけば、スマートフォンやタブレットなどのデバイスを現場でかざすことで、開発設備をそのままの形状・サイズ感で現場風景に重ね合わせて表示可能。これまで図面や仕様を共有するだけでは正確に伝えることができなかった現場のレイアウト・作業性・安全性等を設備導入前に明らかにすることが可能です。 AGCは「本技術により開発者間のコミュニケーションを促進し設備開発のスピードを向上することで、素材開発全体のスピードアップに繋げていく予定です」とコメントしました。 (参考)AGC株式会社 プレスリリース
未分類

 あの恐怖が現実に。AR版「Five Nights at Freddy’s」がリリース

名作ホラーゲーム「Five Nights At Freddy’s」のAR版「Five Nights at Freddy’s AR: Special Devliery」がリリースされました。対応端末はiOSとAndroid。ダウンロードは無料で行えます。 FNaFシリーズについて 2014年に発売された「Five Nights At Freddy’s」(以下FNaF)は、ピザ屋の夜勤警備員となり、監視カメラ映像を切り替えたりシャッターやライトなどを操作しながら、襲いかかるマスコット(アニマトロニクス)から逃れるゲームです。 監視カメラの切り替えのみで様子を探るという視点の制限や、無制限には使えない機器操作といった制約があり、演出にとどまらず、ゲームシステムとしてもスリリングな作品として人気を集めました。 「FNaF」はファンからVR版のリクエストも多く、2019年5月に、VR版「Five Nights At Freddy’s VR:Help Wanted」がSteam、Oculus Store、PlayStation Storeでリリースされています。対応VRヘッドセットは、Oculus Rift(Rift S)、HTC VIVE、Windows Mixied Realityヘッドセット、Valve Index、PlayStation VRです。 https://www.youtube.com/watch?v=yxz5Lo-5ec4 (ローンチトレーラーには、有名YouTuberのMarkiplierが登場) ARでアニマトロニクスと対峙 「Five Nights at Freddy’s AR: Special Devliery」は「ポケモンGO」や「ドラゴンクエストウォーク」といった位置情報ゲームに属するタイトルです。本作では、プレイヤーは現実世界を移動し、特定のGPS座標でアイテムの収集やインタラクションなどを楽しめます。 ゲーム中、地図上に表示される赤く光るアイコンがプレイヤーの現在地に接近すると“エンカウント”が発生します。これは「FNaF」シリーズの敵アニマトロニクス(機械人形)との遭遇イベントで、アニマトロニクスは、プレイヤーの位置情報を元に襲い掛かってきます。 この状態ではゲームのARモードを使用します。プレイヤーは懐中電灯(バッテリ..
未分類

スナップチャットに「リアルタイムで年齢が変わる」動画ARフィルター登場

スマートフォン向けカメラアプリ「スナップチャット(Snapchat)」に、人物の年齢をリアルタイムで変更できるARフィルター「Time Machine」が登場しました。画面下のシークバーを動かし、被写体の見た目を変更することができます。 「Time Machine」は動画に使えるARフィルターであることが特徴です。YouTubeで公開された紹介動画では、男性の年齢がシークバーを動かすことで変わる様子が確認できます。シワや頭髪といった部位のほか、ヒゲや眉毛の太さといった部分も変化しています。 https://www.youtube.com/watch?v=9ZTX302mNw4 米メディアNext Realityによれば、iPhoneの場合このARフィルターを使用できる機種はiPhone 6S以降のモデルに、Androidの場合、以下の機種にそれぞれ限定されているとのこと(2019年11月現在)。 Time Machine対応Android端末一覧 Samsung Galaxy S10、Samsung Galaxy S10+、Samsung Galaxy S9、Samsung Galaxy S9+、Samsung Galaxy A70 Huawei P20 Pro、Huawei Y7、Huawei Y9 Xiaomi Redmi Note 7 OnePlus 6T Pixel 3a 年齢や性別変化、顔の交換……ARフィルターに人気 被写体の年齢を変化させるARフィルター(またはARレンズ)は、様々なアプリでリリースされています。スナップチャットではこれまで、認識した人物を子供(幼児)に変化させる「 Baby Face」や性別を変更させる「Gender Swap」などが人気を博しました。 スナップチャットに新機能、アプリ内でARフィルターが作れる MoguraVR ARを活用した表情加工アプリの「FaceApp」では、2019年7月に写った人物を自然に老化させる、写真向けの「老人フィルター(OLD Filter)」が追加。セレブや映画スターもこぞって使用するなど、大きな注目を集めました。 FaceAppの"老化させるARフィルター"が大流行 MoguraVR スナップチャット、ディオールの"オブリーク柄"ARフィルター..
未分類

“ハローキティAR”が発表! 2020年リリース予定

スウェーデンのゲームスタジオBublar Groupは、サンリオの「ハローキティ」を題材にしたスマートフォン向けARゲーム「Hello Kitty AR: Kawaii World」を発表しました。リリース予定日は2020年。対応端末はiOSとAndroidです。 事前登録を受付中 「Hello Kitty AR: Kawaii World」の発表に伴い、Bublar Groupは本作のティザー映像を公開しました。映像ではARを活用して、現実世界で作中のアイテムを収集したり、“Kawaii Gardens”と呼ばれる場所を開拓したりする要素が判明しています。 また「位置情報ゲーム」と告知されていることから、「ポケモンGO」などのタイトルと類似した要素を有すると推測されます。 「Hello Kitty AR: Kawaii World」はBublar Groupと株式会社サンリオ、Amazonのゲーム制作プラットフォーム「Amazon Game Tech」が提携する形で開発が進行中。米メディアNext Realityは、グーグルの「Google Maps API」も制作に使用されていると説明しています。 https://www.youtube.com/watch?v=T_y4ZLFZ52M ベータテストを受付中、2020年前半にはテスト開始 現在「Hello Kitty AR: Kawaii World」の公式サイトでは、ベータテストへの事前登録が受付されています。Bublar Groupによれば、2020年前半に一部の地理的市場(geographic markets)でテストを行ったあと、夏頃にリリースを行う予定とのこと。 「Hello Kitty AR: Kawaii World」について、 Bublar GroupのCEO、Maria A Grimaldi氏は以下のようにコメントしています。 今回の発表は、我々が現在制作を進めている、エキサイティングな位置情報モバイルゲーム(=Hello Kitty AR: Kawaii World)を知っていただくための第1歩です。我々は制作において、「Amazon Game Tech」と同社のクラウド・インフラストラクチャー技術を使用できたことを嬉しく思っています。 YouTuberハローキティの人生相談..
未分類

KDDIとフェイスブックが連携、5G×XRで次世代ショッピング体験

KDDI株式会社とフェイスブック ジャパン株式会社は、5G時代のXR(AR/VR/MR)活用における連携を発表しました。FacebookとInstagramの各アプリにXR技術を組み込み、KDDIの空間コンピューティング (Spatial Computing) の取り組みを連携させることで、企業を支援する取り組みを共同で実施します。 また両社は、5G時代の新しいショッピング・エンターテインメント体験のコンセプトを紹介する「フューチャーポップアップストア」を2020年春に共同で開設します。 「フューチャーポップアップストア」では、サービスや流通、製造などさまざま産業をテーマに、Instagramアプリを活用したトライオンや商品購入、AI店員(デジタルヒューマン) による接客体験を提供。加えて、MRグラスやモバイルARを活用したショッピング体験など、次世代ショッピングのコンセプトモデルを展示していく予定です。 今回の連携にあたり、フェイスブック ジャパンの執行役員 営業本部長の南 勲氏は、「Instagramは自分の興味・関心と繋がることができる場です。日本の利用者は、ショッピングでもInstagramを活用しており、今回の取り組みで、KDDIとともに5G時代の新しいショッピング体験やエンターテインメント体験を提供できることを大変光栄に思っています。」とコメントしています。 (参考)KDDI株式会社 プレスリリース
未分類

マイクラARこと「Minecraft Earth」北米で累計120万ダウンロード突破 リリースから1週間で

スマートフォン向けARゲーム「Minecraft Earth」の北米での累計ダウンロード数が、リリースから1週間で120万ダウンロードを突破しました。 「Minecraft Earth」は、全世界で1億人がプレイするサンドボックスゲーム「Minecraft」を、ARを使って現実世界を舞台にして遊べるモバイルゲーム。2019年10月から世界各国で段階的にアーリーアクセスが開始されています。日本では11月20日、ダウンロードが可能(iOS、Android)になりました。 現在はさらに増加か 今回の北米での120万ダウンロード突破の報告は、アメリカの調査会社Sensor Towerが行いました。「Minecraft Earth」は、北米では2019年11月12日にリリースされており、配信から約2週間が経過した11月27日現在、さらにダウンロード数が増加しているものと推測されます。 米メディアVentureBeatによれば、全世界を合計した「Minecraft Earth」の累計ダウンロード数は約250万ダウンロードとのこと。同メディアは、北米でのスマートフォン向けARゲームの“リリース週(第1週)ダウンロード数”の比較対象として、「ポケモンGO」(3,270万ダウンロード)と「ハリー・ポッター:魔法同盟」(310万ダウンロード)の事例を紹介しています。 「Minecraft Earth」日本でもサービス開始。ARで現実をマイクラ世界に MoguraVR 移植は困難?Oculus Quest/Go版「マイクラ」開発者がコメント MoguraVR (参考)UploadVR、Windows Central
未分類

人気VTuber8組の豪華音楽アルバム、全員集合曲のMV公開!

11月27日(水)にCD版が発売される、人気VTuberたちが参加するコンピレーションアルバム「IMAGINATION vol.2」より、全員集合曲「帰りたくなったよ」のショート版ミュージックビデオが公開されました。 「IMAGINATION vol.2」は、御伽原江良さんや花鋏キョウさんなど、さまざまなVTuberによるJ-POP楽曲カバーを収録したアルバムです。11月2日に各音楽サイトで楽曲配信を開始した他、さまざまな特典が用意された数量限定のCD版も販売されます。 https://www.youtube.com/watch?v=PfffHh-IOpE CD版ではBonus Trackとして、いきものがかりの楽曲「帰りたくなったよ」のカバーが収録されています。MVは、マルチクリエイターとして活躍するVTuberのヲタきちさんが制作を担当。学校を背景にVTuberたちが映像に出演しており、それぞれのソロパートと合唱で歌声を披露しています。 バーチャルタレントを対象としたオーディションも開催 さらに、アルバムをリリースしたRK Musicは、アーティストオーディションの開催を発表。これまでにバーチャルタレントとして活動歴がある方を対象としており、性別や年齢は問わないとしています。 RK Musicでは、現在数千人いると言われるバーチャルタレントの網羅が難しいことから、オーディションの形式で募集を行うと経緯を説明。また、これまでの音楽レーベルにおけるアーティスト契約の慣例にとらわれず、アーティストとレーベルが対等な関係性を築ける在り方を目指すと明かしています。締切は12月31日(火)で、応募先はこちらです。 【Amazon.co.jp限定】IMAGINATION vol.2 【数量限定盤】(オリジナル:デカジャケ+メーカー特典:A4クリアファイル付き) (参考)RK Music INFORMATION、YouTubeチャンネル
未分類

clusterが大規模アップデート、アーカイブ機能を一旦終了へ

バーチャルイベント空間「cluster(クラスター)」が、2020年初旬に大幅アップデートを実施することが発表されました。アップデートのために、12月2日(月)15時で「アーカイブ機能」の提供を一旦終了するとのことです。 「アーカイブ機能」は、過去に行われたイベントに参加・追体験できる機能です。cluster公式ブロブにおける加藤直人CEOの投稿によると、これまでアーカイブチケットを購入した方には金額分のclusterコインを全額付与するとのこと。また、アーカイブデータはすべて残しておく予定のため、具体的な時期については約束ができないものの、いつかアーカイブ機能を復元し、また体験できるようにしたいと考えているとのことです。アーカイブ購入者には、個別で機能終了の詳細についてメールが送付される予定です。 「cluster」ではこれまで、YuNiさんや東雲めぐさん、ときのそらさんなど多くのVTuberがイベントやライブを開催してきたほか、誰でもオリジナルの3Dイベント会場をアップロードできる「会場アップロード機能」の一般公開など、様々な試みを行ってきました。 【お知らせ】 2020年初旬にclusterの大規模アップデートを行うため、その開発との兼ね合いでアーカイブ機能を一旦終了する運びとなりました。 アーカイブ購入者様には詳細についてメールいたします。併せて、弊社代表からのメッセージもご覧ください。https://t.co/OmAXESD4po#clusterVR pic.twitter.com/3I0TuCjqA4 — cluster公式∞ (@clusterVR_staff) 2019年11月25日 (参考)cluster 公式Twitter
未分類

VR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi 2019」セッション内容紹介【第四回:VRのストーリーテリング】

2019年12月3日・4日に開催予定の「XR Kaigi」は、XR(VR/AR/MR/VTuber)をテーマにした開発者・クリエイター向けカンファレンスです。1日目夕方のビジョナリー・トークからスタートし、2日目には30以上のセッションや展示エリアが用意されます。 セッションでは国内外で実績のある開発者・クリエイターによる「XRの体験をデザイン・開発するための考え方、ノウハウ」の講演を予定しています。また、開発者が自主的に運営しているMeetupなどとタイアップし、ミニセッションを行うコミュニティオーガナイズドセッションも実施します。 本記事では、執筆時点で公開されているセッションのうち、「VRのストーリーテリング」を中心としたセッションをご紹介します。 なお、XR Kaigiの講演は、後日動画にて無料配信予定です(※1ヶ月を目処、全ての講演を配信するかは未定)。英語講演は日本語への同時翻訳が行われます。 VRのストーリーテリング 「共感」への挑戦3年史~ロケーションベースVR最前線~ 登壇者: 小山 順一朗氏(株式会社バンダイナムコアミューズメント プロダクトビジネスカンパニー クリエイティブフェロー) 田宮 幸春氏(株式会社バンダイナムコアミューズメント ニュークリエイティブディビジョン 企画開発部 イノベーション課 マネージャー) 講演内容: VR技術は、人工的に作り出された実感をパッケージし他人と共有できる新しいメディアです。しかし、多くの消費者たちから「共感」を得られにくい構造的課題があります。 VR元年から今日までの3年間、VR ZONE、MAZARIAといった施設型VRエンタメを通じて、この「共感」に挑戦してきた数々の事例を赤裸々にお伝えいたします。 講演日時:2019年12月4日(水) 11:15〜12:00 VR映画の未来 〜「VR映画の夜明け前」特別公演〜 登壇者: 待場 勝利氏(Supership株式会社 VR戦略企画室 プロデューサー) 講演内容: 私がMogura VRさんに「VR映画の夜明け前」の記事を初めて寄稿してから丸2年が経ちます。今まで世界中の映画祭やイベントで多くのVR映画作品を吐きそうになるほど体験し、VR映画クリエイターと朝から晩までディスカッションし、今までの映像制作経験の知識をまっさらの状態にしてVR..
未分類

年末はVTuberとお酒を飲もう 「バーチャル忘年会2019」が開催

12月28日(土)に秋葉原エンタスにて、VTuber(バーチャルユーチューバー)たちが出演するリアルイベント「バーチャル忘年会2019 in エンタス」が開催されます。 「バーチャル忘年会2019 in エンタス」は、BitStar、mikai、PIMLABが共同で開催するイベント。お酒を飲みながら、VTuberのトークや歌で賑やかに1年を締めくくります。また、プラス200円でコラボドリンクが飲める他、公演後にはチェキ会が予定されており、参加VTuberのグッズ販売もあるとのことです。 出演するVTuberは、BitStar Akihabara Lab所属のおさナズさん、Re:AcT所属ユニット「すたーべあ!」の姫熊りぼんさんと天川はのさん、「ZERO Project」所属の紡音れいさんと桜夢ななさんの5名。14:00と18:00からの二部構成となっており、チケットは11月25日(月)12:30より販売が開始されます。チケットの販売先はこちら。 イベント概要 イベント名 イベント名:バーチャル忘年会2019 in エンタス 開催日時 2019年12月28日(土) 第1部:OPEN 13:30/START 14:00 第2部:OPEN 18:00/START 18:30 開催場所 秋葉原エンタス http://entas.jp/ 出演者 おさナズ(BitStar Akihabara Lab) 姫熊りぼん(すたーべあ!) 天川はの(すたーべあ!) 紡音れい(ZERO Project) 桜夢なな(ZERO Project) チケット 4,500円(1ドリンク込)※コラボドリンクの場合+200円 チケットURL https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01098k10n3f9r.html (参考)株式会社BitStar プレスリリース、パスマーケット チケット販売ページ
未分類

「VTuber最強画伯決定戦」が配信決定!真の画伯は誰だ

ホロライブ所属のVTuberの宝鐘マリンさんが、12月1日21:00より「VTuber最強画伯決定戦」を配信することを発表しました。 今回の企画は「Vtuber界の“千年に一度の画伯”を求めて」とのキャッチフレーズのもと、最強の“画伯”を決める内容です。画伯とは、一般的には優れた画家に対する敬称として使われていますが、絵心がなくて衝撃的なものを完成させたり、前衛的すぎて難解な作品を生み出してしまう人の俗称としても使われています。 企画告知 ――Vtuber界の”千年に一度の画伯”を求めて… 【審査員】 宝鐘マリン、しぐれうい、名取さな 【画伯】 でびでび・でびる、リゼ・ヘルエスタ、戌神ころね、周防パトラ ✨✨12月1日 21時~!お見逃しなく!!✨✨#最強画伯決定戦 pic.twitter.com/hl85NcdDiJ — 宝鐘マリン‍☠️@ホロライブ3期生 (@houshoumarine) November 24, 2019 審査員として参加するのは、配信でイラストの腕前を披露している宝鐘マリンさん、プロイラストレーターとして活躍しているしぐれういさん、自らのデザインやグッズアートまで手がける名取さなさんの3名。 一方画伯枠としては、でびでび・でびるさん、リゼ・ヘルエスタさん、戌神ころねさん、周防パトラさんが参加します。画伯枠の4名は、それぞれ配信などで自らのイラストセンスを披露しており、一体誰が最強の画伯となるのか注目です。 (参考)宝鐘マリン 公式Twitter
未分類

紫咲シオンがポケモン大会「ホロライブ剣盾トーナメント」を開催

12月1日(日)の14:00から、VTuber事務所「ホロライブ」のメンバーによるポケモン大会「ホロライブ剣盾トーナメント」が開催されます。 「ホロライブ剣盾トーナメント」はゲーム「ポケットモンスター ソード・シールド」を使用した大会で、計15名が参加する予定です。トーナメント表やルールなどの詳細は後日に発表されるとのこと。 VTuberグループ内での「ポケットモンスター ソード・シールド」の大会は、バーチャルライバーグループ「にじさんじ」による「剣盾にじさんじ杯」に続いての開催です。11月23日(日)から開催された、「剣盾にじさんじ杯」では、計34名のライバーが育てたポケモンによる3対3のシングルバトルが行われています。 また「ホロライブ剣盾トーナメント」は、対戦者がそれぞれ2体ずつポケモンを繰り出して戦う「ダブルバトル」方式を採用するとのこと。シングルバトルとは違い、1ターンに計4体のポケモンが動くことで、戦略のスタイルが大きく変化します。果たしてどんなドラマが生まれるのか、対戦に注目です。 「剣盾にじさんじ杯」についての記事はこちら。 ポケモンにじさんじ杯 決勝戦開催!出雲霞vs卯月コウ、夜見れなvs舞元啓介 MoguraVR #ホロライブ剣盾トーナメント 開催❗️ ホロライブメンバーによるダブルバトルの超エンジョイ大会! 優勝は誰の手に…? 開催日▶︎12月1日(日)14:00スタート 15人のホロメンバーが集まりました! トーナメント表は後日発表します。 お楽しみに~✨ pic.twitter.com/PhdIt8f0lz — 紫咲シオン@ホロライブ (@murasakishionch) 2019年11月25日 (参考)柴咲シオン 公式Twitter
未分類

VRヘッドセット「VIVE Pro」、フルキットが15,000円引きに

VIVE公式サイトにて、VRヘッドセット「VIVE Pro」のフルキットが15,000円引きとなるセールが実施されています。「年末年始大特価セール」として、通常価格162,880円(税抜)のところ、147,880円(税抜)で販売中です。期間は2020年1月13日(月)まで。 VIVE Pro Full Kitでは、VIVE Pro本体に加え、VIVE コントローラー(2018)やベースステーション 2.0などが付属。さらに、VRサブスクリプションサービス「VIVEPORT Infinity」を12ヶ月間無料体験できる引き換えコード(12,000円相当)が製品に同梱されるとのこと。ただし、在庫が無くなり次第終了となり、コード引換期限は1月20日(月)までとなっています。 「VIVE Pro」の他のVIVEシリーズとの比較記事や、VIVEPORTに関する記事はこちらから。 【2019年7月版】HTCのVIVEシリーズ一挙紹介 性能や用途別オススメも MoguraVR HTC、VRコンテンツの定額配信「VIVEPORT Infinity」を4月2日から開始 MoguraVR © 2011-2019 HTC Corporation (参考)VIVE 公式サイト
未分類

KDDIら、AR広告提供企業らと提携。ビルに広告や動画表示

KDDI株式会社、株式会社ツェッペリン(ZEPPELIN)、株式会社電通デジタルの3社は業務提携を実施、ZEPPELINが開発したARプラットフォーム「ARaddin(アラジン)」を提供開始します。 「ARaddin」は、事前に登録したビルをスマホのカメラで覗くとAIが認識し、建造物の壁面などにARの動画広告(人物、キャラクターなど)がビルから飛び出す、という仕組みです。AR技術によって、ユーザーにパーソナライズされたコンテンツを提供できるため、エンゲージメントをより高める効果が期待できるとのこと。 本プラットフォームには既にKDDIが提携しているSturfeeのVPS技術が搭載されます。VPSは、カメラ越しの画像と3Dマップを照合し、位置情報だけでなく向きや方位までも位置情報を特定する技術。「ARaddin」ではこの技術によってビルの場所や形を捕捉し、広告を表示、よりシームレスでダイナミックな顧客体験を提供可能になります。 AR広告費がビル所有者に支払われる仕組みも 「ARaddin」では広告費の一部をビル所有者が受け取れる仕組みになっている点も特徴です。この仕組みを機能させるために、広告主とビル所有者をマッチングさせるためのプラットフォームサービスや、ビルの所有比率に準じて広告費を分配するサービスなども提供予定とのことです。 KDDIのAR展開が加速 KDDIによるARに関する取り組みが加速しています。2019年5月に中国Nreal Ltd.と提携を発表、同社が開発したMRグラス「NrealLight」を利用した展示などを実施しています。また9月には渋谷の街を舞台とした、現実とバーチャル が融合した「新たな渋谷」を公開しています。 (参考)株式会社ZEPPELIN プレスリリース
未分類

【Oculus Quest】VRゾンビシューティング「Arizona Sunshine」Quest版が12月6日発売

VRゾンビシューティングゲーム「Arizona Sunshine(アリゾナ・サンシャイン)」のOculus Quest版が、2019年12月6日に発売されます。「Arizona Sunshine」は2016年にPC(VR)版が発売されたタイトル。PC向けVRゲームとしては人気の作品で、2018年にはPlayStation VR(PSVR)版もリリースされています。 正式なリリース日の決定に伴い、Oculus公式ストアでは本作の商品ページが開設。2019年12月2日までの期間限定で、10%割引予約が実施中(税込3,591円で予約可能)です。 なおQuest版「Arizona Sunshine」は、他VRヘッドセット(機種)とのクロスプラットフォームには対応していません。 Arizona Sunshineについて 「Arizona Sunshine」はゾンビに支配された世界を生き延びていくサバイバルシューティングゲーム。本作では、ハンドコントローラーでの発射やリロードなど、現実的な動作を備えた25種類以上の武器が使用できます。 「Arizona Sunshine」には、ストーリーに沿って進める「キャンペーンモード」のほかに、ゾンビをひたすら倒していく「ホードモード」といったゲームモードが存在します。ホードモードでは最大4人の協力プレイも可能です。 本作の開発元Vertigo Gamesによれば、Quest版へのダウンロードコンテンツ(DLC)配信は「今後数カ月のうちに行う予定」。詳細な配信スケジュールは後日発表されます。 ソフトウェア概要 タイトル Arizona Sunshine 開発元・パブリッシャー Vertigo Games 対応VRヘッドセット Oculus Rift(Rift S)、Oculus Quest、HTC VIVE、Valve Index、Windows MR、PlayStation VR 価格(Quest版) 3,591円(税込/期間限定セール) プレイ人数 最大4人(ホードモード) 公式サイト http://arizona-sunshine.com/ 【Oculus Quest】名作VRゾンビゲー「Arizona Sunshine」移植決定 MoguraVR 【PSVRレビュー】VRゾ..
未分類

フェイスブック、大ヒットVRゲーム「Beat Saber」開発スタジオを買収

日本時間11月27日、フェイスブックはVRゲームスタジオBeat Gamesを買収したことを発表しました。Beat Gamesは、大ヒットゲーム「Beat Saber」を開発・展開しているスタジオです。 「Beat Saber」は2018年5月に発売されたVRリズムゲームです。ライトセーバーのような光る剣でリズムに合わせてキューブを切っていくプレイが発売前から注目を集め、発売後もブレイク。Oculus Rift、HTC VIVE、PlayStation VR、Oculus Questなどの主要なVRヘッドセットに対応し、全世界で100万本以上を売り上げているタイトルです。 Beat Gamesは“Oculus Studios”としてOculus傘下に入るとのこと。買収後ももともと拠点を構えていたプラハにスタジオを置き、独立したスタジオとして活動を続けます。 フェイスブックでAR/VRコンテンツのディレクターを務めるマイク・ヴェルデュ氏によれば、今回の買収は「VRゲームと音楽についてより多くのことを共に取り組むことができる」としており、買収後も「「Beat Saber」のソーシャル要素を強化し、新たなモードや楽曲を増やしていくことに取り組んでいく」とコメントしています。「Beat Saberは」12月には360度全方位からキューブが飛んでくる新モードの実装を控えています。 Oculusの傘下に入ることで、他のプラットフォーム向けの配信への影響が懸念されるところですが、ヴェルデュ氏はBeat Gamesが「Beat Saberのコンテンツとアップデートを全てのプラットフォームに向けて別け隔てなく配信し続ける」としています。 またもう一つの懸念点がModの行方です。PC向けのBeat Saberではユーザーが自分の好きな楽曲やカスタムデザインを行うことができるMod機能が盛り上がりを見せています。権利関係がグレーであることから、今回の買収によりMod機能が縮小することへの懸念があります。ヴェルデュ氏は、Mod機能の価値を認め「Beat Saber」のユーザーベースな盛り上がりを保てるよう努力するとしつつも、この機能への具体的な影響については言及していません。 フェイスブックは、「VRを加速するための道を模索している」とし、今後も買収が起こりうることを示唆してい..
未分類

コミックマーケットに「VTuber」ジャンルが新設 2020年GWから

2020年のゴールデンウィークに開催されるコミックマーケット98(C98)にて、「VTuber(バーチャルユーチューバー)」ジャンルの新設が発表されました。 コミックマーケットは日本最大規模の同人誌即売会で、漫画・アニメ・ゲームの他、さまざまなサブカルチャーにまつわる展示・販売が行われています。夏季・冬季の年2回開催されていますが、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に合わせ、C98の開催期間はゴールデンウィークの5月2日(土)~5日(火)となりました。 これまでのコミックマーケットでもVTuberに関する出展が行われており、C96では企業ブースとして「upd8」「にじさんじ」「ENTUM」「ホロライブ」「Unlimited」などが参加。また、魔王マグロナさんや犬山たまきさんなど、VTuber自身による出展も行われた他、VTuberのデザインを手がけたイラストレーターによるサークルも注目を集めました。 2020年GW開催コミケット98の「ジャンルコード一覧」を従来よりも早く公開しました。新設ジャンルは222「VTuver」。C96、C97と曜日割りが異なるジャンルがありますのでご注意ください。サークル申込は12月18日開始。オンライン申込用の補足一覧も近日公開します。https://t.co/63TG2Kl4WE #C98 — コミックマーケット準備会 (@comiketofficial) November 22, 2019 VTuberのジャンルコードは222で、配置日は4日目を予定。「配信者本人/VTuberをもとにしたファン活動」と説明されており、VTuber自身やファンによる二次創作の出展ができるものと思われます。 C96でのVTuber関連の出展・ブースの情報はこちら。 【C96】グッズ充実! 夏コミのVTuber関連出展・ブースまとめ MoguraVR (参考)コミックマーケット98 ジャンルコード、コミックマーケット準備会 公式Twitter
未分類

グーグルの実写3D撮影技術 光を編集することでよりリアルに

ボリューメトリックキャプチャは、人物等の立体的な情報を取得しそのまま3DCG化する技術です。 グーグルの研究者チームは、陰影を編集し、より背景とシームレスなボリューメトリックキャプチャを実現する技術を発表しました。 光の再編集を グーグルの開発したシステム名は”The Relightables”。330のLEDライトと約100のカメラを備えた、球状の撮影装置を用いて撮影します。 https://www.youtube.com/watch?v=anBRroZWfzI このシステムの画期的なポイントは3点あると言います。 1つ目は、カメラが深度センサーとして機能する点。12.4MPの深度マップをとらえます。 次に、撮影データを合成して編集する際に、機械学習を用いる点です。 そして3つ目が、反射率(reflectance)マップもとらえる点です。深度マップと同期し、AR/VRなどのシーンで、光の状態を編集・操作することが可能になります。 シーンに合わせ陰影を変化 研究者チームは、高解像度の3D画像を生成するという点でボリューメトリックキャプチャ技術の改良が進んできた一方、光についてはあまり注力がされてこなかった、と論文の中で指摘します。 「我々の手法は、リアルに人物への光をシーンに合わせて再構成します。自由な視点からのボリューメトリックキャプチャや新たなレベルでの幾何学的正確さと組み合わせ、ダイナミックなイメージの生成を実現します」とその効果を述べています。 公開された動画を見るとシーンに合わせて人物の陰影が細かに変化し、背景と違和感なく合成されていることがわかります。 https://www.youtube.com/watch?v=fj8n76shZ_g グーグルのCreative Labは本技術を用いて、モバイル機器を通して鑑賞する「バーチャルオペラ」を開発、プロトタイプを公開しました。 https://www.youtube.com/watch?v=9NIjlihpz4A この研究成果は、SIGGRAPH Asia 2019にて発表されています。 ボリューメトリック(Volumetric)技術についてはこちらの記事でも取り上げています。 インテルによる世界最大規模の実写3D撮影施設、その内部は? MoguraVR ..
未分類

Steam VRゲーム・アプリ週間ランキング【2019年11月第4週】

MoguLiveでは毎週、Steamで販売されているVRゲーム・アプリのランキングから、売上トップ15タイトルを紹介します。 今週は、予約購入が開始されたValveの名作シリーズ最新作「Half-Life: Alyx」が1位タイトルとなりました。そのほか、VRゲーム中にブラウザやDiscordが開けるオーバーレイアプリ「OVR Toolkit」、建築をしながらゾンビの襲撃を防ぐクラフトサバイバル「Undead Development」などがランクインしています。 Steam VRタイトル売上ランキング(11月22日調べ) 1位 『Half-Life: Alyx』 ↑ 前週圏外 開発:Valve ジャンル:シューティングアクション 価格:6,290円(-10%セール中) 日本語対応あり 2位 『ラストラビリンス』 ↓ 前週1位 開発:AMATA K.K. ジャンル:脱出アドベンチャー 価格:4,378円 日本語対応あり 3位 『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』 ↑ 前週5位 開発:Bethesda Game Studios ジャンル:オープンワールドRPG 価格:7,980円 日本語対応あり 4位 『VRカノジョ』 → 前週4位 開発:ILLUSION ジャンル:ガールフレンドシミュレーション 価格:4,980円 日本語対応あり 5位 『Beat Saber』 ↓ 前週3位 開発:Beat Games ジャンル:スラッシュ・リズムアクション 価格:3,090円 6位 『Arizona Sunshine』 ↑ 前週圏外 開発:Vertigo Games, Jaywalkers Interactive ジャンル:ゾンビFPS 価格:3,980円(-50%セール中) 日本語対応あり 7位 『Blade and Sorcery』 ↑ 前週圏外 開発:WarpFrog ジャンル:ソード&マジックアクション 価格:2,050円 8位 『Pistol Whip』 ↓ 前週2位 開発:Cloudhead Games ltd. ジャンル:リズムFPS 価格:2,570円 9位 『Pavlov VR』 ↑ 前週圏外 開発:Vankrupt Games ジャンル:マルチプレイFPS 価格:2,570円 10位 『OV..
未分類

マイクロソフトら、博物館へ75万ドルと製品提供 展示でのXR活用を後押し

米国最大の財団の一つKnight Foundationは、国内5つの博物館に総額75万ドル(約8,100万円)の資金を提供しました。マイクロソフトの協力も得て、展示でのXR(AR/VR/MR)活用を後押しします。 自然史博物館ら5箇所が採択 Knight Foundationは7月、Immersive Technologyを用いた展示アイディアを公募しました。500以上の応募があり、選考の結果下記5つの博物館が採択されました。 ・アメリカ自然史博物館 ・カラード・ガールズ・ミュージアム ・サンノゼ日系アメリカ人博物館 ・ミュージアム・オブ・アート・アンド・デザイン(マイアミ・デイド大学) ・ミュージアム・オブ・ムービング・イメージ マイクロソフト製品の利用権も 採択された博物館は資金の他、マイクロソフトによるXR技術のトレーニングを受けました。またマイクロソフトのプラットフォームやデバイスの利用権を獲得しました。その中には、3Dセンサー「Azure Kinect」や、ソーシャルVR「AltspaceVR」も含まれます。 アメリカ自然史博物館の事例を見ると、同博物館はHoloLensを観覧者に貸し出し。展示物をただ眺めるだけでなく、自分で動かしたりしながら鑑賞できる機会を提供しています。従来の説明書きに依存した情報よりも、多くを学べると期待されています。 (参考)Next Reality、Knight Foundation
タイトルとURLをコピーしました