大日本印刷が“VRでモデルルーム”開発。販促とコスト削減に

この記事は約2分で読めます。

大日本印刷株式会社は、VR空間でモデルルームを体験できる「DNPバーチャルエクスペリエンス VRモデルルーム」を開発しました。購入検討者はマンション、一戸建てなど、好みの間取りや内装をVRで確認でき、購入判断に役立てることができます。

「VRモデルルーム」は、マンションや戸建て住宅等のCADデータや設計図面等をもとに、3Dデータを制作してVR空間で多様な間取りやインテリアのコーディネートを体験できるシステムです。大画面ディスプレイとVRヘッドセットを用いて体験します。

本システムでは収納スペースをVR空間内で開けたり、オプション設備の特長説明などを写真や動画で確認できるなど、販売員の説明を支援して物件の魅力をより分かりやすく伝えることが可能とのこと。

さらにVRモデルルームに必要な機材を持ち運ぶことで、期間限定で開設するポップアップストアや不動産・住宅メーカーのサロンなどでも利用できます。

省スペース化・コスト削減を実現し、様々な媒体への展開も

VRモデルルームでは、制作した3DCGデータを登録することで、導入企業は実物のモデルルームを現実で作ることなく、多様なマンションや戸建て住宅の間取りや内装のバリエーションを体験してもらうことができます。これにより、不動産・住宅メーカーによるモデルルームの用地取得や施工、外観模型の制作、家具・小物の調達が不要になります。

VRモデルルーム用に制作した3DCGデータは、不動産・住宅メーカーの販促物やWebサイト、映像コンテンツ等で使用できます。VR空間上で任意のアングルを高精細な写真にプリントし、購入検討の材料として提供することも可能です。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

(参考)大日本印刷株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました